大山茂樹・智子うつわ展 〜茂樹さん編〜




今日は、茂樹さんのうつわをご紹介します。
 
智子さんの色絵と対を成す
シンプルな青白磁。

 
「ゆらぎ」をまとった器は
どこまでもやわらかく使い手の
手に馴染んでゆきます。

 
「虫食い」をテーマにする
センス!もうたまりませんね!
 












釉薬が溜まって美しい。
















酒肴の席を引き立たせるような
うつわが揃ったのも、お酒好きの
茂樹さんならでは。














ひっくり返すとこのように。
​プレートは、全て同じ仕様です。












十二足皿。足もとには、智子さんの「ホワァ」が。





朱肉




 
遊びゴコロ溢れる
色絵はどこか茶目っ気があって
優しい眼差しを感じます。













 
「虫食い」をテーマにする
センス!もうたまりませんね!

 

















 
器については、どうぞお気軽にお問合せください。
 
会期:2018年6月16日(土)〜6月24日(日)
   12時から18時

 
大山さんは期間中毎日在朗します。
 
普段使いの器を中心に、色絵、白磁の器が
揃います。どうぞご期待ください!

 
 DMのご依頼はこちらから
 
個展やワークショップ情報をメルマガでご案内しています。

 
| gallerykai | 大山茂樹さん&智子さん | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
大山茂樹・智子うつわ展 〜智子さん編〜
大山茂樹さん、智子さんうつわ展、16日土曜日から
スタートしました。

 
初日から沢山の方にご来場下さり
改めてお二人の器が愛されていることを
実感しています。

 
早速、お二人の器をご紹介していきます。
 
今日は、智子さん編。
 
上絵と下絵を併用することにより
ますます、色絵の世界が広まった
智子さんの器は、どれも一点もの。

 
器の表も裏も側面も
智子さんの筆が躍って

 
360度お見せできないのが
本当に歯がゆいやら、残念やら。。

 
ぜひ、お手にとって
ゆっくりと夢のような世界を
ご堪能いただければと思います。


















上から見ると普通のカップに見えますが








実はねこカップでした!






こちらもねこがいっぱい!




裏側にも、眠りねこ





名付けて「ホワァ」皿




























定番のお湯呑




こちらも大人気のめし碗




































































 
お気軽にお問合せくださいね。
 
会期:2018年6月16日(土)〜6月24日(日)
   12時から18時

 
大山さん在朗日:期間中、6/20(水)を除いて
毎日在朗します。

 
普段使いの器を中心に、色絵、白磁の器が
揃います。どうぞご期待ください!

 
 DMのご依頼はこちらから
 
個展やワークショップ情報をメルマガでご案内しています。
| gallerykai | 大山茂樹さん&智子さん | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
水引教室「小花を作る」を開催しました









 
週末は、水引教室「水引で遊ぶ」の第二回目を
行いました。

 
テーマは、「小花を作る」。
 
今まで、「結ぶ」ことに奮闘してきた皆さん
でしたが、今回はちょっと小休止。

 
水引で沢山花びらを作り、木工ボンドとワイヤーで留めていきます。








 
これは、地道な作業。
 
この日は、計58枚の花びらを作りました。
 
それぞれお好みの水引を選んで、色とりどりの花が
完成!





 
花びらのボリュームによって
オーナメントになったり、髪飾りやイヤリング、
ブローチになったりします。







 
お好みの水引をお持ち帰り戴いていますから
今ごろ、お部屋には水引のお花が沢山
咲いているのでは!?

 
ご参加くださった皆さん、お疲れ様でした。
 
日曜日は、友人の洋裁教室で水引教室を開講。
 
針と糸で留めるのは得意だけれど、ボンドは
苦手だそうです(笑)

 


 
| gallerykai | 水引教室 | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
お名前入りうつわ
大山さんといえば、お名前入り器!
 
目白台にお店をオープンした当初から
今までもずっとご注文を戴いている
器です。

 
ご出産やご結婚、お誕生日などの
プレゼントにとても喜ばれています。

 
最初は、絵柄も決まっていた・・はず!(笑)
なのですが、今ではご希望をお伺いして
まさにどれも一点もの!

 
ご出産祝いでしたら、ご両親がお名前に込めた
思いをお聞きし、ご結婚祝いでしたら
新婚さんの好きなものを元に
絵柄を描いて戴きます。

 
私も友人に赤ちゃんが生まれた時の
御祝いの定番。

 
今日はこれまで沢山お作りしてきた中の
ほんの一部ですがご紹介しますね。




 
パンダが好きだから・・。
シャンシャンでは・・ありません(笑)










雪やこんこ
いぬはよろこび、庭かけまわり・・・











南国の島の日の出















iPhoneImage.png
 
昆虫は男の子、お花は女の子。

 
iPhoneImage.png


箸置き小皿とお揃いで作って戴きました。


















 
カップとお皿は定番の柄。
飯椀で遊べます。








iPhoneImage.png





iPhoneImage.png
 
| gallerykai | 大山茂樹さん&智子さん | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
吉野森林セラピー
iPhoneImage.png

 
打ち合わせも終わった翌日は
お待ちかねもお待ちかね!

 
吉野の森林セラピーdayです。
 
森林セラピーを簡単に説明しておくと
癒し効果が科学的に検証された
森林浴効果のことです。

 
その目的は、森に入ることで精神的ストレスを減らし
健康を保ち、病気を予防すること。

 
樹木が発散するフィトンチッドは、人の
副交感神経の働きを高め、安らぎを
与えてくれるのです。

 
私は、ただただ森の中に身を置きたかった
だけなのですが、セラピー前と後で血圧、
脈拍を計るとどちらも値が10下がっていました。

 
リラクゼーションの効果が出たということですね〜。
 
しかも!
 
なんと、ガイドは坂本さん。
 
坂本さんは、吉野町の森林セラピー立ち上げから
係わっていて、ガイドの資格も取られて
いたことを今回初めて知りました。

 
坂本さんが作るあかりもライトセラピーが
ベースになっていますから、繋がっていますよね!

 
東京から来て下さるのだからと
ガイド役に手を挙げてくださったという。。

 
この時点で既に感動。。
 
最初に簡単なストレッチを済ませると
ゆるゆると森に入っていきます。

 
山登りとも、ハイキングとも違い
本当にゆっくりゆっくり歩いて
いきます。

 








午前中のおやつタイム。
このやきもちは、絶品!
私の中では、中将餅に並ぶ美味しさでした。








iPhoneImage.png
 

時々歩みを止めては、瞑想したり、
滝の前で深呼吸をしたり
ハンモックに揺られたり、
珍しい植物の名前を教えてもらったり。

 
そのうちに、あら不思議。
 
それまで感じていなかったいろいろな香りや
音が聴こえてくるようになるのです。

 
「五感を開くことも森林セラピーの目的なんです。」
 
という坂本さんの言葉が腑に落ちました。

iPhoneImage.png




















iPhoneImage.png

セラピー弁当でお昼。
宿泊したお宿お手製のお弁当です!










 
人々の手で作られた杉や檜が作る美しい森。
清らかな小川のせせらぎ。
 
古来より、生きとし生けるものを
優しく育んできた土地。

 
この日、私は初めて自然の一部としてある自分を
意識したように思います。



iPhoneImage.png
 
基地に帰り着く頃には、私の心も身体も
すっかり軽くなって元気になっていました。

 
吉野の清浄な気をたっぷりと戴いた森に感謝。
 
そして心尽くしの一日を供に過ごして下さった
坂本さんに心よりお礼申し上げます!

セラピーが終わった後は、坂本さんに連れてきてもらった
「中井春風堂」さんでお茶の時間。
 
吉野は葛が名物。
 
メニューは、「葛きり」と「葛もち」のみ。
 
「葛」の本当の美味しさを伝えたいという
店主の強いこだわりがこの潔さに表れています。
美味でしたー。
 
吉野に行かれた際はぜひ。









お店の窓には坂本さんのあかりと吉野山の絶景。
| gallerykai | あかり工房 吉野 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
松阪から吉野へ 吉野編

iPhoneImage.png


松阪から近鉄を乗り継ぐこと約2時間半。

久しぶりに吉野在住のあかり作家・坂本尚世さんの工房を
お訪ねしました。

 
昨年もブログでお知らせしていましたが
坂本さんは、「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2017」の
奈良県代表に選ばれました。

 
このプロジェクトは、トヨタ自動車と高級車のブランドである
「レクサス」の全国販売店が、地域の特性を生かし、
新しいものづくりをするアーチストたちを支援するもので
 
スーパーバイザーは小山薫堂氏、サポーターには建築家の
隈研吾氏他などが参加しています。
 
坂本さんは、このプロジェクトで、かねてから
作りたいと心にあたためていたコードレスの卓上
のあかりを制作しました。

 
2012年の12月に、坂本さんのあかり展をギャラリーで
して戴いたとき、ギャラリー全体が優しい光に
満ち満ちてその幻想的な光景は今も忘れられません。

 
ライトセラピーに基づいた、夕陽色の優しいあかりは
日常の疲れた心を優しく包んでくれます。

 
そのあかりがコードレスになることで、より便利になって
用途は広がります。

 
つまり、あかりを持ち歩ける!

これは、とても嬉しいことです。
このニュースは私を歓喜させ、
これは、この目で一目見たいと吉野まで。

 
旅先や出張先まで持ち歩き
愛用している方もいるそうです。

 
納得・・。
 
眠りにつく時もこの柔らかなあかりは
気持ち良い睡眠に誘ってくれます。

 
精神安定剤のようなものなのかもしれませんね。
 
坂本さんが生まれ育った吉野をモチーフにした
このあかり、秋にギャラリーで展示します。

 
どうぞお楽しみになさってくださいね!
 




 
お昼は坂本家御用達の「のり巻き」を
ご馳走になりました。
とてもやさしくしみじみとしたお味でした!




明日は、念願がかない、参加した
吉野森林セラピーについてご報告します。​


 
| gallerykai | あかり工房 吉野 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
松阪から吉野へ 松阪編


 
自ら、動くことが大事。
 
旅の余韻を心の片隅にとどめながら
日常生活に帰ったとき、いつも思います。

 
資料や写真を整理しながら、旅先で
過ごした時間や空気、何気ない会話。

 
久しぶりの再会も嬉しかったし、
新しい出会いや体験も新鮮。

 
こんなことが日常に戻ったときに
糧になってゆくような気がしています。

 
先週、三重の松阪から奈良、吉野へと
旅をしてきました。

 
いずれも秋の展示会に向けての打ち合わせでしたが
合間に歩いた、かつての豪商の面影を宿した
松阪の町や、吉野の美しく清々しい森の
息吹に癒された時間でもありました。

 
松阪では、昨年の秋に続いての再訪、
絵画作家の富山宣子さん。

 
ギャラリーKAIでは、油絵の展示は
初めてのことで、ドキドキしながら
作品を選ばせていただきました。

 
富山さんが散歩の途中に拾ってきたものや
家族の思い出の品がそこここに飾られたアトリエは
富山さんの暮らしそのもの。




 
その中から日々、生みだされる絵は、
静かに人の心に寄り添ってきます。

 
見るひとが自分の心を重ねることが
できるような絵。

 
私は、一目見た時から、
 
これは、皆さんに見てほしい!
 
と強く思うようになりました。
 
富山さんのご厚意でこの秋に実
現できることになりました。

 
これから少しずつその展示会が形になっていくように
育てていきたいと思っています。

 
そして、一路、松阪から奈良、吉野へ。
(つづく)









 
| gallerykai | - | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
ジュエリーワークショップに参加しました
本日は、ジュエリーワークショップに参加してきました。
 
講師は、世界でただ一人、ヨーロッパの古典額縁制作技法で
ジュエリーを制作されている桜井みどりさんです。

 
桜井さんはジュエリーの作家活動と並行して
教室も主宰されています。

 
24日まで自由学園の明日館で行われている
生徒さんたちの作品発表会の一環として
ワークショップが開かれました。

 
ヨーロッパの額縁!
 
と聞いただけで、
ヴォルテージが上がってしまった私。

 
運よく、ワークショップが始まったところで
飛び入り参加させてもらいました。

 
まず、数種類の中から自分が作りたい形を
選びます。





 
これは、天然木にニカワや石膏などを重ね塗りし、
珪藻土による下地が施されたもの。

 
ここまでの作業もかなり手間のかかるものなのだとか。
 
全て天然の材料を使わないと、次の作業が
うまく行かないのだそうです。

 
古典技法であることが頷ける。
 
金箔か銀箔かを選んで水で濡らしながら
箔をそっと押していきます。






この金箔の薄さ! ここまで薄くできるのは
世界で日本だけ。

 
押すといってもただスッと載せる感じ。
ちょっとの風が吹いても
金箔がふわ〜と舞ってしまうので
間違ってもクシャミは出来ません!

 
ドキドキしながらも完成品をイメージ
しながら一枚一枚、押していく作業は、
とても楽しいものでした。



 
途中、お茶休憩をはさんで、最後まで
箔押しをして本日はここまで。

 
最後のめのうで磨いで仕上げるところは
スタッフの方にお任せして、後日、
完成品をアトリエに取りに行くことになりました。




 
楽しみー!!
 
いつもは、企画する側ですから
参加者の立場でいることが何やら新鮮で
とても嬉しい。。。

 
ワークショップ終了後、生徒さんの作品を
拝見していると、

 
「これ、半分は拾ってきたものなんです。」
と桜井さん。
 
「ダイヤモンドは、人が決めた価値だけれど
 自分がきれいと思った、木の実や枝は
 世界で一つしかない宝物。

 
 それをジュエリーに見立てていくんです。
 そういう感性を伝えていきたい。」

 
激しく共感。
 
世の中に既製品や大量製品が溢れ
そのあまりの物量の多さに感覚が
麻痺してしまいがちだけれど

 
自分の心が素直に美しいと反応するものを
見つけていくこと。

 
それは、自分を世界に開いていくことなのでしょう。
 
とても気持ちが満たされた時間を過ごすことが
できました。

 
桜井さん、ありがとうございました!
 
生徒さんの作品。金箔がきれい!

| gallerykai | アクセサリー | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
水引教室開催しました。




 
今週末、水引教室を開催いたしました。
 
前回の初級コースとは内容も打って変わって
テーマは「水引で遊ぶ」。

 
基本の結びを覚えたら、水引でビーズを
作ってアクセサリーに仕上げます。

 
冠婚葬祭のイメージが強い水引は、
今の生活から遠いんじゃない?って
思われる方が大半で

 
「水引教室やるんです〜」
 
と言うと
 
「今、水引なんてやる人いるの?。」
 
という反応を多く戴くのですが
 
いえいえ、水引って楽しくてきれいで
かわいいことこの上なし。





 
それに、一筋縄でいかないところがまた良いところで、
最初は、難しいかなと感じても、やればやるほど、
身に付くもので、誰でも確実にできるようになるので

 
教室であわび結びが綺麗に完成しただけで、
私、すごい・・・と気持ちがぐぐーっと
上がるものなのです。

 
まあ、久しぶりに手をちょっと
動かしてみようかなくらいの気軽な気持ちで
ご参加戴ければ嬉しいです。

 
三俣さんのゆったりのんびりモードに
載せられて楽しく水引でお遊びという感じでしょうか。

毎回持ってきてくださる
色とりどりの水引やパーツには
いつも歓声が上がります。





 
千代紙や折り紙で遊んでいた遠い昔の
追憶とも重なって、乙女ゴコロが
復活すること間違いありません。

 
水引乙女!

が増えることを願ってやまない
今日この頃です。

 
次回は6月9日(土)です。
現在募集中。こちらからどうぞ


 
午前の部は、小学4年生の可愛い参加者が!
とっても楽しんでくれました。








ビーズのブレスレットにご満悦!​




簪も素敵です!




午後の部は満員御礼。
皆さん、格闘中。
 
| gallerykai | 水引教室 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
いちばんのごちそう



 
今年も奈良からえんどう豆が届きました。
 
月2回、奈良・天理の農家さんから野菜を
送って戴いています。

 
無肥料、無農薬。
 
農業の歴史は古く、江戸時代も遠くさかのぼる
お家とお聞きしていますが、ご夫妻はいたって
マイペース。

 
その年アンテナにひっかかった新種の野菜を
試すこともあって、なんだか楽しそう。

 
つい、先日も次のようなメールが届きました。
 
「ソラマメと実エンドウは少し未熟なのですが、次回では硬くなり
過ぎる可能性があるので送らせていただきました。
エンドウご飯がこの時期わが家の定番のごちそうです。」

 
はい、早速届いたその日に豆ごはんを炊きました。
 
最近の定番は玄米豆ごはん。
 
圧力鍋で炊いたせいか、炊きあがった時は
お豆もふっくらして、柔らかいこと!

 
お箸でつまむとすぐ崩れてしまうほどですが、
とても甘くて美味しい。

 
お塩だけでこれだけ美味しくなるこのお豆さんたち、
計りしれません。

 
間違いなく、今の季節のいちばんのごちそうです。
| gallerykai | | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com