「あかりと絵のある風景」始まります





今週の土曜日から始まる「あかりと絵のある風景」展、
今日は、奈良・吉野で檜のあかりを
制作している坂本尚世さんをご紹介します。
坂本さんは、「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2017」の
奈良県代表に選ばれました。

 
このプロジェクトは、トヨタ自動車と高級車のブランドである
「レクサス」の全国販売店が、地域の特性を生かし、
新しいものづくりをするアーチストたちを支援するもので
 
スーパーバイザーは小山薫堂氏、サポーターには建築家の
隈研吾氏他などが参加しています。
 
坂本さんは、このプロジェクトで、かねてから
作りたいと心にあたためていたコードレスの卓上のあかりを
制作しました。

 
いつでもどこでも持ち歩けますので
用途は広がります。

 
ベランダやテラスなどの屋外や
夜中の足もとを照らす常夜灯はもちろんのこと

 
旅先や出張先にも鞄に入れて持っていく方も
いらっしゃるとか。

 
なかなか寝付けないという時も
ライトセラピーに基づいた、
夕陽色の優しいあかりは穏やかな睡眠に
誘ってくれます。

 
精神安定剤のようなものなのかもしれませんね。
坂本さんが生まれ育った吉野の山並みをモチーフにした
このあかり、どうぞお楽しみになさってくださいね!

 
*********************************************
*ライトセラピーについて
 
以下、坂本さんの言葉を抜粋します。
 
「私のあかりづくりは、「ライトセラピー」
という言葉との出会いが始まりでした。

 
ライトセラピーとは、心を癒す明かり
(あかりでやすらぎの時間を過ごす)という意味。

 
心を癒すのは、夕日が沈む頃のような
「オレンジ色、暗め、低い位置からの光」です。

 
人間の身体には本来、太陽の動きに深く関係した
「生体リズム」があり、明るくなると活動的に、
暗くなると静的になります。」。。。
**********************************************
煌々と照らす蛍光灯の光が溢れる現代、
ぜひ、心休まる時間をお手元に。

★9/29(土)坂本尚世さんによるキャンドルホルダー
 作りのワークショップを行います。


 
 13時〜17時まで随時
 所要時間 30分〜40分
 参加費 2000円
 参加ご希望の方はメールでご返信ください。
 ご希望のお時間で予約を承ります。

「あかりと絵のある風景」
 
吉野檜のあかり 坂本尚世
絵画  富山宜子

 
2018年9月29日(土)から10月7日(日)までの毎日と
10月の毎週金、土、開廊
| gallerykai | - | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/992098