お花火弁当




 
昨日はいたばしの花火大会。
 
一年に一度は花火を観たいということで
急遽出かけてまいりました。

 
花火を観たいのか
夜風に吹かれながらビールを呑みたいのか

 
どちらが先かはさておいて。
 
ならば、お弁当を持っていこうということで
ウキウキ、ワクワクあり合わせのものを詰めました。

 
奈良の農家さんから届いたばかりの
枝豆と、プチトマト。

 
山形の友人が大量に送ってくれた
ジャガイモは、ニンニクとオリーブオイルで
蒸し焼きに。

 
烏にほとんど食べられてしまったという貴重な
トウモロコシも忘れてはいけません。

 
あとはお酒と唐揚げでもスーパーで調達すれば
万全です。

 
急ごしらえのお弁当ではありますが、漆器に入れた
だけでどうして、こう気持ちが上がるのでしょうね。

 
ここのところ東京は、湿度が最高潮、もう不快指数
針振りきれ状態で、お弁当作りも心配な時期では
ありますが、漆器は抗菌作用がありますから
なんとなく気持ちが楽。

 
茹でたトウモロコシも時間が経つと粒粒に皺が
寄ったりしますが、漆器のお弁当箱に入れておくと
乾燥することがないので、状態も変わらず美味しく
食べられました。

 
「お花見弁当」ならぬ「お花火弁当」。
 
これも花火見物の楽しみの一つになりそうです。









 
| gallerykai | 漆器 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/992058