Be a Pal! シャツのマルシェ vol.2

一足早くスプリングコートが届きました!




 
Be a Pal!シャツのマルシェ vol.2の打ち合わせと
生地の下見を兼ねて、青山のオーダー会に出かけたのは
先月のこと。

 
まだまだ外は寒く、厚手のコートが手放せない時期でしたが
お店に一歩入ると、もうそこは春!春!

 
無地やボーダーの定番に加え、リバティや
フランスから持ち帰った地中海テイストの
可愛い柄ものが並んでいます。

 
まるで布の桃源郷といった趣に
浸っていると・・・

 
ありました、ありました!
 
ギンガムチェック。
 
今回のDMに掲載しているシャツの
生地です。

 
ギンガムチェックと聞けば
ああ、あんな感じね。。と誰もが思う定番。

 
そこを敢えて、DMの写真にとBe a Pal!のお二人が
選ばれたのが、実際この目で見てよ〜く分かりました。

 
フランス産のこのギンガムたち、
格子の幅や入り方はもちろん、
なんといってもこの美しい発色は
日本では、なかなか見られないヨーロッパテイストです。

 
かつて、外国産の口紅の色に抱いたような
憧れ・・・。品の良い洒落た鮮やかさ。

 
実際、若いお嬢さんから
おばあさまの代まで、広い年齢層の方が
このギンガムチェックでシャツを作られて
いるのだそうです。

 
やはり生地は実際目でみて
触ってその触感を確かめるに
限りますね。

 
そういうわけで、すっかり頭がギンガムチェックに
なってしまった私は、スプリングコートを
オーダーいたしました。

 
色はブルー。
 
実は、ワンピースのオーダーを密かに目論んで
いましたが、実際に布をあててみるとあえなく
コートに軍配。

 
昨年秋に作ったブラックウオッチのコートはとても
重宝していますから、薄手の生地で作る春〜夏ヴァージョンと
いったところでしょうか。

 
この2枚あれば、最強です!

iPhoneImage.png

 
このコート、形も前のものと全く同じにしましたから
カルテ通り。

 
採寸する必要も無く、とても簡単に事が運ぶのも
リピートオーダーの嬉しいところです。

 
そして、最後にボタン選び。
これはかなり重要です。
 
ボタン一つがその服の最終的なイメージを決めるといっても
過言ではありません。

 
ブルーのこのチェックに合わせるとなると
普通は、爽やかな「白」といくところですが
ここで金ちゃんが勧めてくれたのは・・・

 
なんと「黒」でした。






 
さすが!
 
「黒」にすることで、全く雰囲気が変わるのですね。
 
ギンガムの清々しさに、ピリッと大人びたクールさが加わると
いいましょうか。

 
これで着こなしの幅がぐぐぐーっと広がった感じです。
こういう発想はなかなか自分からは出てこないもので
ありがたいこと。

 
そんなわけで首を長〜くして待ちわびていたコートが
一足お先に届きました!

 
思った通りの仕上がりで嬉しい。
 
生地が変わると、同じコートでもこうも
印象が変わるのですね。

 
薄手でとても軽いので、さらっと羽織って
これからの季節重宝しそう。

 
真夏の冷房にも心強い味方になってくれそうです。
 
はや、いろいろと合わせてみたい服が走馬灯のように
頭を駆け巡り、着るまでの時間を楽しんでいます。
 
Be a Pal! シャツのマルシェ vol.2

日時:3月30日(木)〜4月3日(月)
   12時から18時

特集ページはこちらから 

Be a Pal! これまでの記事はこちらから 

 

 
| gallerykai | Be a Pal! | 13:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/992039