京のお正月を味わう会を開きました



 
南座の「まねき上げ」がニュースになると
いよいよ師走が始まるー。

 
生粋の京都人・古河一秀さんによる
語りで、今年も始まりました。

 
「京のお正月を味わう会」も3年目。
 
ギャラリーの新春を飾る恒例行事と
なりました。

 
いつも参加して下さっている方も
初めてお越し下さった方も

 
この日、この時間だけは
「京都時間」を過ごし
味わって戴けたのではと・・・
思っています。

 
年末からお正月にかけて、毎年毎年
同じことを同じように積み重ねてきた
京都の人々の暮らし。

 
それは昨今流行りの単なる「イベント」
ではありません。

 
神様を敬い、家族を大切にし、皆の無病息災と
平安を願う祈りの気持ちがベースにあるからこそ
現代まで脈々と続いてきたのだと、この京都の会
を重ねる度に思います。

 
奥様の玲子さんによる、お節料理も
京都に名を連ねる料理屋で食べる一回きりの
贅沢な料理とは全く違います。

 
家族のために、心を込めて作る
身体に優しく滋味溢れるお味。

 
その仕事は丁寧で美しく
私はいつも傍でお手伝いをしながら
感動しています。

 
そして改めて自分を振り返るのです。
 
自分のルーツ、家族、日々の生活。
 
一年の初めに、この時間を体験することが
少しでも、自分の暮らしを大切にするきっかけに
なれたならば、嬉しく思っています。

 
ご参加くださった皆様、
どうもありがとうございました。

 
そして毎回のことながら
心尽くしのお話しとお料理を作って下さった
古河さんご夫妻に感謝申し上げます。

 
今年も京都の会は、定期的に開催して
まいります。

 
どうぞお楽しみに!









iPhoneImage.png




iPhoneImage.png



iPhoneImage.png



iPhoneImage.png



 
| gallerykai | 京都の会 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/992030