カメオ




 
「出来ました!」
 
白洲千代子さんから嬉しいメールが届いたのは、
今週の水曜日の晩。

 
母がローマに旅行した時に私のお土産にと
買ってきてくれたカメオのブローチ。

 
それをネックレスにしてもらえないかと
お願いしていたのでした。

 
旅から帰ってきた当時、ローマのカメオ職人では
名のしれたXXさんが作ったのだと、母は
得意げに言っておりましたが、実のところ
真偽のほどは分からず。

 
社会人になったばかりの私は、カメオなんて興味も無くて
遠路はるばるローマからやってきたのに、
箪笥の奥にしまわれたまま陽の目を見ることなく
すっかり忘れ去られていました。
(かわいそうに!)

 
それが、なぜか無性にここのところ気になりだし
それならと、いつもの心強い助っ人・白洲さんの手に
託したのでした。

 
早速、昨日、麻布台のギャラリーで展示会をしていた
白洲さんの元へ。

 
今までも色々なお誂えを彼女にお願いしてきましたが
今回のパターンは初めてでした。

 
通常はお願いしていたものを一つのパーツに見立て
ネックレスに作り替えることが多いのですが、
今回のカメオは、シンプルに金具がついて、
ペンダントトップになっていました。

 
なるほど!
 
こうしてあると、他の手持ちのネックレスにも
使えますから、楽しみが広がります。

 
そして、長さだけお伝えしていたネックレスはというと
スピネルという石とラピスラズリの2種類のみ。

 
実は、先月、白洲さんの個展で目にしていた
ネックレスに私の目は釘付けになっていまして
それが、このスピネルだったのです。

 
黒い粒粒の石に光が当たるとキラキラ
光って、そのノーブルな煌めきにすっかり
見惚れていた私。

 
そこにラピスラズリ。

​ブルーは私の大好きな色。

 
なんとも心憎い取り合わせではないですか。
 
おかげで、カメオさんは、やっと表舞台への
登場回数が増えそうです。

 
若い頃は、趣味嗜好が合わなくて
ほとんどかえりみなかったものでも
年齢を重ねて、ある時その魅力に気づくことが
あるもの。

 
モノとの付き合いに起こる些細な発見を
カタチにしてゆくこと。

 
それは素敵なお仕事ですね。
 
白洲さん、ありがとうございました。
 
次回のブログでは、この展示会で連れて帰ってきた
かわいらしいプチアクセサリーをご紹介します!
| gallerykai | 白洲千代子さん | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/992020