のどのケアに



 
10月に酷い風邪をひいて以来、
どうも喉の調子が今ひとつなこの頃です。

 
特に夜中に突然咳き込むことがしばしばで
翌朝は喉がガラガラ。

 
今年は、「秋ってあった?」っていうくらいに
季節の変動が急激で、極端に真冬の寒さになったり
そうかといえば、いまだに20度を超えたり。
おかげで、体調を崩されている方も
多いのではないでしょうか。

 
私は、普段でも、疲れていたり、
ストレスがあると喉が痛くなります。

 
ストレスは実はプラスとマイナスがあるのだと
思っているのだけれど、例えば明日から旅行に
出かけるという時でさえも、喉の調子がおかしく
なったりします。

 
これってまるで子供と同じような気もしますが。。
 
楽しいことがもうすぐ始まると思うと
ワクワクして夜寝付けないとのと同じ。

 
風邪ならまだしも、そんな時は薬に手を出す気になんて
なかなかなりません。

 
薬は元来、身体には良くないものだと思っているので
できるだけ入れたくない。

 
つい先日の朝方も、前の晩から調子がおかしくなってきて
どうも風邪っぽい。

 
そこで、精油を試してみることにしました。
 
実は、11月の初旬、「アロマ検定」がありまして
アロマを扱っている以上、私も基礎知識を固めたいと
受験しました。

 
その受験用テキストや参考資料の
中に、身体の症状別対処法が書いてあり、
咳、喉の痛みの項目もちゃ〜んと掲載されているのが
ずっと気になっていたのですね。

 
試験では香り当て問題もありましたから
折しも精油のサンプルも30種類取り寄せていた
ところで、トライするにはちょうど良いタイミング。

 
さて、手順はとても簡単。
 
まず、カップを用意する。
 
そこに沸かしたお湯を張る。
 
咳や喉に効きそうな精油を1滴から2滴落とす。
 
これで終わりです。
 
ちなみに私は、ユーカリとラベンダーを使いました。
 
ユーカリは、抗菌作用の他に咳や痰を鎮めてくれる
優れもの、精油やハーブの中でもポピュラーな
ラベンダーも抗菌作用と供に鎮痛作用、
抗炎作用があると言われている精油です。

 
目をつむってカップにそっと
顔を近づけてみます。

 
湯気が逃げないように、手で覆うようにして。
 
2種類の香りが融合して、たちまち香りがふわりと
顔全体にひろがります。

 
そしてゆっくり鼻から、次に口から香りの精分を
含んだ湯気を吸い込みます。

 
実はユーカリは私が最も苦手とする香りの一つですが
ラベンダーが入ることで、緩和され、全くいやな
感じがしませんでした。

 
ユーカリの独特のつんとする香りに安心感のあるラベンダーが
覆いかぶさってなんとも清々しい香りに変化
しています。

 
ペパーミントは入っていないのにメントールのように
スーッとして鼻の粘膜に効いているなという感じがします。

 
こういった吸入法で、呼吸ととともに体内に入った
エッセンシャルオイルの精分は、血液循環で
身体を巡り代謝されることが分かっています。

 
試した日は、週末で友人とお昼を食べる予定になって
いましたから体調万全で臨みたいところでした。

 
おかげで、喉の痛みも出ずに快適にお散歩&ランチを
過ごすことができました。

 
以来、ちょっと喉がおかしいなと思ったら
お湯を沸かして吸入しています。

 
今日はこれから人混みに分け入っていく
なんていうときも予防になります。

 
なんとも手軽で簡単。
 
プラスお部屋にもどことなく良い香りが漂って
かなりいい感じです。

 
ただ、気を付けなくてはいけないのは
誤って精油入りのお湯を飲まないこと!

 
うっかり者の私は、やってしまいそうなので
専用カップを一つ決めました。

 
大山智子さんの絵入りカップです。
 
精油を使ったケアの方法は吸入法だけではなく
他にも様々あります。

 
この冬は精油を心強いパートナーにして、色々と
試していきたいと思っています。

 
またご報告しますね!
| gallerykai | アロマテラピー | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/992012