「ひば」の香りで爽やかな梅雨を

7月に入り、猛暑に見舞われることも
多くなりました。

 

 

それに加え、梅雨特有の湿度。

 

 

暑さと湿気のダブルパンチで身体も
気持ちもまいってしまいますね。

 

 

どことなく部屋に漂う臭いも
気になる季節です。

 

 

毎年のことながら、何とかこの鬱陶しい時期を
少しでも気持ちよくやり過ごす方法はないかしらんと
考えていたところ、アロマセラピストの小林彩子さんが
勧めてくださったエッセンシャルオイル。

 

 

それが、我らが日本原産の「ひば」です!

 

 

ボトルの蓋を捻った瞬間、かつて住んでいた
奈良の、霞みたなびく大和の青垣にしばし想いを
馳せましたが、この「ひば」は樹木の豊かな香り
だけではなく強い抗菌作用もあるとか。

 

 

梅雨の季節、特に悩ましいハウスキーピングにも
強い味方になってくれるそうです。

 

 

それでは、以下、小林さんにご紹介して戴きましょう。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆☆【安定感のある、神聖な木の香り】☆☆

 

 

空気がこもりがちで、じめっとした暑さが続く時期。

 

 

この時期に向けて、日本固有の木「ひば」の香りを
ご紹介したいと思います。

 

 

ひばの和名は「ヒノキアスナロ」。

 

 

その名のとおり、主成分はヒノキチオール。

強い抗菌力を持ち、収れん、発毛促進、
防カビなどの作用があります。

 

 

建材としてはシロアリに強いことでも有名で、
中尊寺金色堂や弘前城などの歴史的建造物にも
使われています。

 

 

また、もう一つの主成分「セドロール」は、
呼吸数や血圧を安定させ、睡眠の質を上げると
いわれています。

 

 

心に対しては、

 

 

どっしりと地に足をつけたいとき、

ひとりになって静かに自分と向き合いたいとき、

ヨガの瞑想

 

 

にもにおすすめです。

 

 

森林浴を楽しむように、ひばの香りで凛とした
静かな時間を楽しんではいかがでしょう。

 

 

また、ひばの抗菌作用をハウスキーピングにも
活用してみましょう。

 

 

この時期の生ゴミのにおい対策に、
アロマ重曹パウダーの作り方をご紹介します。

 

 

=============================

<アロマ重曹パウダー>

 

 

●用意するもの
・ひば精油  20滴
・重曹 250g

 

 

●作り方
(1)ガラス製の密閉容器(ジャムの空き瓶等でも可)に
重曹を入れ、 精油を入れます。

(2)密閉容器のふたを閉め、重曹と精油がよく混ざるように
振り混ぜれば完成です。

 

 

●使い方

ゴミ袋を交換するタイミングで、底に少量入れて使います。
においが気になるときには、一日の最後に直接生ゴミに
ふりかけても、においが抑えられます。

 

 

==============================

「ひば」10ml

ひば (10ml)

 

1200円(税別)

 

 

*オンラインショップでは10mlのみのご紹介ですが
100ml 6000円(税別)のご用意もございますので
お気軽にお問合せください。

 

 

=================================================
いかがでしたか?

 

 

この重曹パウダーは活躍しそうですね。
ちなみに、10mlの瓶は約200滴分ですから
10回は作れますね〜。

 

 

私は早速、ディフューザーを使って
部屋で森林浴を楽しみました。

 


清々しい木の香りに少し背筋が伸びたような
気がします。

 

 

これからは旅行にでかけることも多いシーズン。
家に残していくゴミがとても気になるところですが
このひば重層パウダーが力強い味方になってくれそうです。

 


商品についてのお問い合わせはこちらへ
toku@gallerykai.com

 

 

AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会)
認定アロマセラピストの小林彩子さんについては
こちらから

 

 

オンラインショップ 80 quatre-vingts

 


アロマペンダント

 


エッセンシャルオイル

| gallerykai | エッセンシャルオイル | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/991992