あけましておめでとうございます



本年もどうぞよろしくお願いします。

新年も明けてはや5日。
公私に渡って日常が戻ってきた。

お節やお正月料理の名残も
そろそろ冷蔵庫から無くなる頃。

一年のうちでも暮れからお正月にかけては、普段より
飽食・・いや、豊食傾向にあるから、正直言って
食傷気味。

普段のなんでもないおかずが
特に恋しく感じられる時期ですね。

というわけで、暮れに京都から送って戴いていた
聖護院蕪と油揚げを早速炊いてみる。

知人が丹精込めて家の裏の畑で作ったものだ。

冷蔵庫の野菜室で粛々と年を越した
蕪の、いよいよ出番である。

東京に住んでいる身としては、京野菜を
普段の食事で戴けるのは格別感があって
とても嬉しい。

「聖護院○○」とか「京○○」となると
関西にいても途端に値段が上がるから
東京では言わずもがな。

ところが、奈良のJAに行くと、
奈良近郊の農家さんが朝採りしたものが
ごろごろと普通の値段で売られていたから
嬉しくなって小躍りしていたものだ。

小正月を過ぎた頃から蕪や丸大根を油揚げと
よく炊いていたもので懐かしい。

常備菜でしたね。

東京で味わう関西の味に
奈良のあの頃の暮らしが重なる。

今日、盛り付けに使ったのは、粉引の鉢で
橋本成敏さん作。

この鉢を掌に抱くと、なぜか私は托鉢を連想してしまう。

だからむしろ色の無いものを盛り付けると自分的には
しっくりきます。

先日ふと思い立ってシリアルをこの鉢で食べてみた。

ブランやナッツの色合いと
豆乳の象牙色のようなまったり感。

何もかもが混然一体となり、今日はこの一鉢
だけで、充分と思った。

まるで修行僧が一日に僅か口にするだけの
精進の食事のように。

器には不思議な力があるものだ。

いつもの食材を全く違った顔で見せてくれる。

さて、久しぶりのおばんざい。

蕪の身はトロリとやわらかく
煮汁が染みてしみじみ美味しい。

色は地味だけれど
滋味に満ちている。

ああ、毎日でも食べたい。




| gallerykai | うつわ | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/991959