アロマリーディング



ロマで自分の心の扉を開けよう。

これがアロマ・リーディングです。

やり方としては、

8種類の精油の香りを
嗅いでいき、好き・普通・嫌いの度合で
順番を付けていきます。

香りは、脳の中にある無意識を司る部分に
直接的に働きかけますから、普段自分では
気づかない、または無理やり封じこめている
気持ち・・もっと言ったら叫び?みたいなもの
が現れてくるのです。

さて、今回の私の結果は、

一番好きな香りがクラリセージ。
その次に好きがベルガモット。

一番嫌いがユーカリ。
その次に嫌いがゼラニウム。

前回トライしたのが今年の2月で、
その時は好きの順でいくと

1番:イランイラン
2番:クラリセージ

7番:ユーカリ
8番:ラベンダー

でした。

クラリセージ強し。

これは、ひたすらゆるみたーいという時の
香りなんだそうで、前回と同じですね。

それにしても、こんなにしょっちゅう、
ゆるみたいんじゃ問題です。

「私を解放して!」

ということでもあるらしいですが

誰しも、良くも悪くも色々な事柄や人間関係の
網の目の中にいて、状態が良い時は、
色々な人と最適な距離感で繋がって助け合える
プラスの関係だけれども、状態が下降していくと
束縛ということになるのでしょう。

自分がどちらの状態に傾いているのか。

これを知ることで、自分をコントロールする
術を得られるのかもしれません。

なかなか自分の内面に向き合うのは、
勇気も要ることですからね〜。

徹底的に自分を客観視する機会があるのは
良いことじゃないかと思います。

とても意外や意外だったのは、前回は、
ラベンダーが一番嫌いな香りだったこと。
本人は、忘れていましたが。。。

有り得ない感じです。

何故なら、今はラベンダーの香りのハンドクリームを
デスクに常備し、ことあるごとに使っては、
その香りにウットリしている毎日なんですから!

ちなみに今回は3番目に好きな香りとし
て選んでいました。

彩子さん曰く

自分の頭が疲れて、本当はゆるみたくてたまらないのに
その気持ちに蓋をして、ひたすら頑張り続けてしまって
いたのが前回の状況なのだとか。

そうすると、癒しの精油、ラベンダーが3位に上がった
というのはそれだけ自分に素直になってきているという
ことでしょうか。

このハンドクリーム、確かに自分にとっては、肌を
潤すという効用よりも、ラベンダーの香りが
今の自分には無くてはならないものとなっていますから。

というわけで、

まだまだ頭の無駄なおしゃべりは止んでいないものの
感覚に素直に身を委ねたいという素直な気持ちが
現れてきたということで、良しとしましょう。

さて、一通り、彩子さんのお話を伺った後は、
自分が一番好きだったクラリセージをたっぷり
両方の掌に着けて顔を覆い深く深呼吸します。

精油は、直接肌に付けてはいけないのですが、
アロマリーディングで使用するものは、あらかじめ
肌に直接塗ることができるように調合して
ありますから安心です。

「これで、時々深呼吸してくださいね。」

彩子さんから渡されたクラリセージ。

はい、ついそういうこと忘れてしまうので
一日一度は、深呼吸。

このかしましい頭が静かになりますように。

色々な香りをアソビ感覚で楽しみながら
ちょっとした自己診断ができるアロマリーディング。

今回も楽しく体験できました。

彩子さん、ありがとうございました。

 
| gallerykai | アロマテラピー | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/991953