早稲田みょうが

iPhoneImage.png

先日より、こちらでもご紹介しているガラスのお香立て。


ついにデビューとなりました。

 

実は、このお香立て、とある野菜をモチーフにしているのです。

 

その野菜とは・・・

 

食卓では脇役ながら

 

その独特の香気は、私たち日本人の
食卓にしかと根ざし、いつもピりりと
その存在感を放っている食材。


 

そう、これは、

 

「みょうが」でした!

 

それもただの「みょうが」ではありません。

 

時代は、江戸までさかのぼり、
東京は早稲田の地でかつて盛んに
栽培されていた「早稲田みょうが」という
由緒正しき江戸野菜の一つなのです。


 

普通スーパーで売られている「みょうが」と
どこが違うかというとまずその形。


 

形がぷっくりと丸く
可愛いんです。


 

それだけで愛着が湧いてしまいます。

 

赤味も鮮やかでしょうか。

 

この特徴を生かしたグッズを作りたいという
ご依頼を受け、ガラス作家・羽鳥景子さんにお願いして
誕生したのが、このお香立てなのでした。


 

そのご依頼主は、この「早稲田みょうが」を
現代に復活させ、一人でも多くの方に知って
もらいたいという熱き思いを胸に日々活動されている
「早稲田みょうがプロジェクト」。

 

公式サイトはこちら  



「早稲田みょうが」のネットショップもオープンされました。

 


まだ産声を上げたばかりですが、これからの
展開が楽しみです。


 

この香炉、早くもお問い合わせを戴き
ありがとうございます。


 

現在のところは、ご寄附を戴いた方への記念品に
ということですが、また一般への販売等
始まりましたら、こちらでもご案内します。

| gallerykai | 羽鳥景子さん | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/991950