旅の後に
6月は、久しぶりに長い旅に出て
いました。

旅は、自分を思い出すことであり、
新しい自分を見つけることでもあり

旅をするといつもそうおもいます。

それは、
何も遠い場所へ行かなくとも
意識を巡らしてさえいれば、
日々の生活圏内でもできることでは
あるけれど

敢えて異空間に身を投げ出すことで
日常と非日常の境が曖昧になって
新しい時間が始まるような気が
しています。







2014年の前半が終わり、後半が
始まりました。
これからの半年という時間を大事に
紡いでいきたいと思います。

春の巌陶房展以来、主に今後の仕込みで過ぎた数ヶ月でしたが、
いよいよ、秋から冬のギャラリー企画に向けての活動開始です。

秋の展示会は、画家・小林真理さんのドローイング展です。

先日、第一回目の打ち合わせをした時に
テーマをどうしようかという話になりました。

これまで、「Flowers 」「Trees」と、
植物をテーマに作品を発表されてきた真理さんの
口から自然に出てきた言葉は、

「Plants」

一連のシリーズの最終章を飾るのに
あまりにふさわしい。。。
よって即決です。

これから、作品構成やDMなど少しずつ詰めていきます。




さて、東京には今、台風が接近中。
皆さん、どうぞお気をつけて!!

| gallerykai | | 15:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
たいへんご無沙汰です。2008年春にあれこれ、白洲さん含めとてもお世話いただいた前田です。また、活動を再開されたことを読みました。僕も地味に活動しております。秋の展示を見に行けることを楽しみにしています。
| まえだ | 2014/07/22 6:03 PM |









http://blog.gallerykai.com/trackback/991835