あかりのご紹介 その2

今日はフロアスタンドとフットライトのご紹介です。

まずはフロアスタンドから。

床座スタンド「forest」
h:106cm

こちらは他ではあまり見かけない高さかもしれません。

「床座」と称しているように畳に座ってちょうど良い
高さに設定されているのです。カサもすぼまっているタイプ
ですので電球の光が目に入らずまぶしくありません。
炬燵のあるお部屋にもいいですね〜。

ギャラリーも床暖房が入っていて、冬はペタンと座って
ぬくぬくすることが多いので、昨今では和室だけでなく
フローリングのお部屋でも使えますね。



お部屋にいながら、「森」を感じます。

「スタンド結晶スパイラル」
h:120cm



ソファに座って寛いだり本を読んだりするときに
おススメです。
調光器を付けると段階を踏んで明るさを調節できますから
より楽しみが広がります。

ご用途に応じて、シェードの角度を広げ、より明るくできたり
スタンドの高さ等も変えてお作りできますのでお気軽に
ご相談ください。

お次はフットライト。










コンセントに差し込んで使います。常夜灯にいかがでしょう。
昼間は無骨なコンセントを隠してくれるのでインテリアにも
良いですね。
吉野和紙のあたたかさがより引き立つあかりです。

坂本さんはご自分で作品作りをされる他にあかりづくりのワークショップ
にも力を入れています。
まずは、自分で作ってみてあかりを体験してほしいから。

今回の個展でも一日、坂本さんオリジナルのキットを使ってあかり作りを
行いました。


完成後、点灯式!
みんなで拍手♪



小学生のお子様と参加してくださった方から、
今まで明りを気にして見たことがなかったけれども、これからは、明りが気になる」
というお子様のメッセージを送ってくださいました。

今までの部屋がたちまち優しい癒しの空間になることを身をもって
感じてくださって、嬉しい限りです!

吉野の工房でも随時開催していますので、奈良に行かれることが
ありましたら体験されるとまた一味違った旅になるのではないでしょうか。

坂本尚世さん



サカモトヒサヨさんとお読みします。
ヒノキのあかり作り・・・というとたくましい男性を
想像する方も多いようですが!?いえいえこんなに素敵な
女性です。

素敵な作品をたくさん作ってくださって感謝です!

 

 

 

 

 


 

| gallerykai | あかり工房 吉野 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/991717