どくだみ三昧
今、我が家に一歩足を踏み入れた方は、ある独特のにおいに
「?」と思われるかもしれません。

その正体はこちらです。



「どくだみ!」

お鍋いっぱいに毎朝煮出すのがもっぱらシュウ氏の日課。
水筒に入れて会社にも持っていき、家でのお茶は勿論
どくだみ茶。

そう、どくだみといえば、どこにでも群れて生えているあれですね〜。

私は奈良に来るまでほとんど気に留めたことはなかったものですが、
去年、工房の師匠からどくだみの効用を説かれ、今年も作るのだ!との
掛け声に、数日間ひたすら庭のどくだみを刈って洗って、仕分けして干すという作業を繰り返しました。



いわば私の汗と涙の賜物!?

それだけやっても去年はあまり飲むこともなかったのですが、
今年になって、がぜん我が家はどくだみブームです。

というのも、春以降、天候がおかしいのと若草山をも霞ませるほどの大陸からの「黄砂」で、肌の弱いシュウ氏のダメージが大きく、そうだ、こんな時に「どくだみ!」と、試しに飲み始めたら、かなり良くなってきたからなのでした。



師匠も喜んで2年もの、3年もののどくだみをたくさん持たせてくれ
最近はお風呂にも入れています。

最初は私も独特のにおいに、これはたまらん。。と思っていたものですが、
だんだん慣れてきたようで、便乗して飲んでいます。

どくだみは、排毒作用が強いため、皮膚の弱い人や便秘気味の人には効くそうですよ。

師匠は、火傷をした時に咄嗟に庭に生えていたどくだみをすりつぶして患部に当てたところ、スーッと炎症が治まったとか。

そういえば、私の知人の和食職人さんも毎晩、仕事の後にどくだみ茶を
飲んでましたよ。お酒を洗い流してくれる・・って言ってました。

いや〜。野草の力ってすごいなあ!

実は先日、京都で若杉友子さんという野草料理研究家の料理教室に参加したのですが今では「雑草」という名のもとに省みられることがなくなった野草のパワーに感服して帰ってきたということもあって、最近は道を歩いていてもどんな雑草が生えているか気になって仕方ありません。

昔の人は皆、自然の恵みで手当てをしたり、身体のバランスをとっていたのですね。
いわばサプリメントはそこらじゅうに生えている!といったところでしょうか。

じゃ、都会に暮らしている人はどうするの・・・?というのがこれから考えなきゃならないことです。

とまあ、そういうわけで、どくだみは、エライのです。





よ〜く見てみるとどくだみの花はとてもきれいです。
独特の花びらの豊かな質感が好き。
こうやって生けても爽やかです。



最近工房で注目の的の八重のどくだみ。
これは、かなり珍しいのではないでしょうか。
最初一輪だけだったのが、どんどん増えていまや20株以上。
結界を張って大事に育てています。





| gallerykai | | 11:38 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
galleryKAI.com
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/06/21 6:41 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/06/21 10:42 PM |









http://blog.gallerykai.com/trackback/972733
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/06/24 1:43 PM |