合わせてみれば・・・
久し振りに毛利幸子さんがお店に来てくださいました。
毛利さんといえば、「墨アート」の作品を通じて
生活をアーティスティックに彩る術を教えて下さっておりますが
それも日頃、生活してゆくなかで閃いたアイデアや何気ない感動が
引き出しになっているのですね〜。

この日、見せて下さったのが、ご自分で染められた布に墨で
模様を描いたはぎれでした。新潟で道端に倒れ掛かっていた茂みから
採取したお花で染めたのだそうです。




思わず、戸田さんの粉引碗の下に敷いてみたら・・・
あまりにハマッてしまい、大撮影大会になりました。
と〜っても良い感じの取り合わせです。
これまでは、主に、白い布地に墨でデザインされていましたが
染布との相性も抜群なんですね。

今後の展開が楽しみです。
| gallerykai | | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/735970