小豆粥day
東林院での「小豆粥」が、あまりに美味しかったので、
よっしゃ!今年は、作るぞッと15日は実家を巻き込んでの「小豆粥day」と
なりました。

家で小豆を柔らかく炊いてから、実家にデリバリーして白米と混ぜて、
おかゆを作った。
小豆の煮汁も小豆もたっぷり入れたせいか、東林院のうっすら小豆色に
反して・・・餡子色という感じになってしまいましたが、まあ、よしとしよう。焼いたお餅を入れて、完成です。





アツアツで、カメラのレンズも曇ってしまった・・・!

おかゆのもッちり感と焼餅の香ばしさがなかなかです。

母も今日は、張り切って魚を焼いたり、煮物を作ったり、
ハッスルしている姿を見て、私も嬉しくなってしまいました。

こうなってくると・・・・シュウ氏も食べなきゃ気の毒ですよねえ。。。

ということで、帰宅してから、またまた小豆を一から炊いて
(朝、炊いた時に、全部まとめてやっておけばよかった。いつも、こんな風に 要領が悪いのよね。)
今度は、冷蔵庫にあった玄米の残りと合わせて作ってみた。
私は、お昼食べたから、夜は少々おすそ分けくらい・・・と一口、食べてみるや、なにこれ、美味しい!となり、またまた鍋に舞い戻る。





玄米のおかゆって初めて作ったのですが、美味しいですね〜。
つぶつぶ感がちょっとあって、味も滋養たっぷりという感じ。
今や白米では、淡白すぎて物足りないと思うくらいです。
味付けは、塩をほんの少々。これで、十分でした。

よし。決めた。
1月15日だけ・・・なんて言わずに、毎月15日は、
小豆粥の日にしよう。
小豆を食べるとお通じも良くなるような気がするし。
この日はお腹の休養日です。

| gallerykai | - | 18:43 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
galleryKAI.com









http://blog.gallerykai.com/trackback/599488
小正月
今日は一月十五日。小正月。 小正月の朝は小豆粥なのですが、朝、食べることができなかったので 夜にいただく。 年神や祖霊を迎える行事の多い大正月に対し、小正月は豊作祈願などの農業に関連した行事や家庭的な行事が中心となるそうです。 昨年、小正月の会と称して
| 和のこころ  | 2007/01/16 11:08 PM |