「蕎麦日和」展、終了しました



 
蕎学洞さんをお借りして企画いたしました「蕎麦日和」展、
終了いたしました。


 
まだまだ残暑厳しい中、足を運んで下さった皆様、
どうもありがとうございました。


 
今回は久方ぶりの展示会、おまけにいつもの自宅ギャラリー
ではないということで、


 
「今までどうしてたの?」
 
「お蕎麦屋さんのギャラリーって?」
 
「お蕎麦とワインの組み合わせ?」
 
という「?」マークで頭をいっぱいにして
来てくださった方が多く、私も新鮮な5日間でした。


 
自宅とは約10分ほどの距離。

 
リュックを背負って何往復?

 
雨雲に追いかけられながら、走り回った準備期間も
意外なほど楽しく、私もガテン系まっしぐらですね(笑)


 
今回、お忙しい合間を縫って、作品をご準備戴いた
柚木さん、高橋さん、辻さんにも感謝を込めて。


 
ありがとうございました。




 
| gallerykai | 蕎麦日和展 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
「蕎麦日和」展 絶賛開催中

 




本日最終日。
駒込 蕎学洞にてお待ちしています。














 

| gallerykai | 蕎麦日和展 | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
蕎麦日和展始まりました




 

 

 

 

 

 

 

 

31日から「蕎学洞」で「蕎麦日和」展、始まりました。

 

 

久しぶりの企画展、そして初めての場所とあって
私自身、とても新鮮な気持ちでスタートしています。

 
といっても私の自宅から徒歩10分ほど、JR駒込駅から
歩いて1〜2分という立地ですので、とても馴染みのある
界隈。

それに加えて、郵便局やお店も近く、とても便利。
何か足りなくなったらすぐに買いに走れるという!(^^)!

 
展示は、あの!「石ころ花器」の柚木寿雄さん。
 
磁器の高橋朋子さん。

そして、何度かブログでもご紹介している常陸大子の
漆作家、辻徹さん。
 
全く異なった3つの世界なのに、お互い引き立て合っています。
秋の夜長に、好きな音楽でも聴きながら、盃を傾ける。。

 
そんな気分になって戴ければ嬉しいです。

 
辻徹さんは、初日、いらして下さり、さらにいろいろな
お話しをお伺いできました。

 
ギャラリークローズの後は、もちろん、小松庵さんで
一献。

 
ぜひ、みなさんも美味しいお蕎麦を召し上がりがてら
遊びにいらしてくださいね!

 

 















 

 

 

 

 

| gallerykai | 蕎麦日和展 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com