京のお正月の会、開きました。
早いもので、新年明けてはや20日を過ぎ、
日差しのぬくもりが一番恋しい季節ですね。

 
冷たい空気は、相変わらず肌を射してくるけれど
光の明るさのトーンに僅かながらでも
春のきらめきを感じる今日この頃。

 
毎年、1月のギャラリー恒例行事となりました
「京のお正月を味わう会」を今年も賑やかに
開きました。

iPhoneImage.png


 
「おめでとうさんです。」

12月13日の「事始め」で交わされるという
挨拶の言葉を古河さんがおっしゃった瞬間、
ここが東京ということを忘れ、京都の路地に
佇む町家の座敷へとひと思いにワープしてしまう
のは私だけでしょうか・・・。

 
シックな着物を着こなした古河さんのお話しに
耳を傾けているうちにキッチンでは、奥様の
玲子さんによって粛々とお節料理の準備が
進められています。


iPhoneImage.png

 
といっても、ギャラリーではほぼ盛り付けだけで
お節やお雑煮のお汁は、京都で全て作って
きてくださいます。

iPhoneImage.png

 
特に最近は、京都の方からもご要望があると
のこと。

 
ということは、御家族分、お客様分、そして
東京の会と・・・。

 
暮れから新年明けて20日過ぎるまで
ずっとお台所から離れられない状況だそうです。

 
1年のうちでも特に気忙しい時期でありますが
お着物をさらりと着こなし、台所仕事を丁寧に
こなされていることにいつも頭が下がります。
 
玲子さんは、呉服商の妻として、時に古河さん
の片腕となりご商売を支える一方、ご家族の
世話からお孫さんの毎日の食事まで作る日々。

 
そんな慌ただしい日々をスマートにこなす秘訣
なぞも女性の先輩として今度、伺ってみたいと
思っています。

 
毎年、楽しみに参加して下さっている方も
初めて来て下さった方も、どうもありがとう
ございました。

 
そしていつも心を尽くしておもてなしをして下さる
古河さんご夫妻に感謝申し上げます!


 
「京の暮らしと文化を語る会」
  〜京のお正月を味わう〜

語る人・京都西陣呉服商・古河一秀氏
作る人・古河玲子さん


 
祝三種(たたきごぼう・ごまめ・数の子)
黒豆
くわい
お雑煮 昆布出汁と白味噌
    中村軒 丸餅

 
お菓子 川端道喜 「おいとぽい」
    二条駿河屋「松露」
 
お抹茶 一保堂 「戌昔」
 
お酒:純米酒 「春鹿」


iPhoneImage.png


iPhoneImage.png


今回は、お取り皿にこれまで使っていた土ものの
器から漆器に替えてみました。

 
父の実家にあった古い輪島塗。
「刺身皿」と箱に書いてありましたから
きっとこの模様は、山葵かしらね・・・と
話題にも。

 
器を替えただけで、気分一新!
気持ちも上がります!


iPhoneImage.png








 
| gallerykai | 京都の会 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
京のお正月を味わう会のお知らせです
メリークリスマス!
皆さまはどんなクリスマスをお過ごしでしょうか。

 
街を彩るポインセチアの赤に心躍らせつつ
​神社仏閣では、着々と新年の初詣の準備が
​進んでいるのを目にすると、今年も残り僅か
​であることが実感されます。

本日は一足お先に新年明けての
ギャラリー恒例行事となりました
「京のお正月を味わう会」のお知らせです。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
「京の暮らしと文化を語る会」
  〜京のお正月を味わう〜
日時:2017年1月21日(日)
   
   第一回:12時〜14時  
   第二回:15時〜17時 

京都の商家で代々伝えられきた
お節料理とお雑煮を、ギャラリーで味わって
戴く会です。

 
京都・西陣の呉服商・古河一秀さんによる
京のお正月の四方山話に耳を傾けながら
京都のお節料理を召し上がっていただきます。

 
奥様の玲子さん自ら腕を奮うお節の数々と、
じっくりと時間をかけてとった昆布出汁に
白みそをたっぷりと使って作るお雑煮は、
しみじみ美味しい逸品です。

 
どうぞご期待ください。
少人数制ですので、どうぞお申込みはお早目に。。
日時:2017年1月21日(日)
   
   第一回:12時〜14時  
   第二回:15時〜17時 

(どちらも同じ内容です。)
 
語る人:古河一秀さん
作る人:古河玲子さん
 
参加費:6,500円
        (お節料理、お雑煮、食前酒、
     お干菓子とお抹茶付き)

お申込みは、メール、お電話にて承ります。

前回の様子はこちらでご紹介しています。
http://blog.gallerykai.com/?day=20170123
| gallerykai | 京都の会 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
着付け教室開催しました
この週末は、全国的に大荒れなお天気で
東京も朝からしっぽりたっぷり降っていた中、
久しぶりの着付け教室を開催しました。

 
皆さま、無事にいらっしゃれるかしらと
心配していましたが、お着物への気持ちは
アツいのですね。。

 
お荷物を抱えて、雨に濡れながら、
ギャラリーに辿りついてくださいました。

 
今回のメンバーは、以前、人に着せてもらったことは
あるけれど・・という、ほぼ初心者に近い方
ばかり。

 
古河玲子さんの手取り足取り大奮闘の
2時間で、ほら!




 
綺麗に着ることができました。

「なんだか気持ちが上がりました。」
 
そう言ってくださった言葉が印象的です。
 
私くらいの年代の女性は、母親から着物を
譲られることが多くなってきています。

 
でも、自分では着ることもできないし
組み合わせもよく分からない。

 
いつか何とかしなければ・・と思いつつ
持て余す日々。

 
そんな長い時を経て、思い切り受け身の
姿勢だったのがプラスの方向に転換した瞬間の
言葉だったのかなと思います。

 
玲子さんが、いとも楽に簡単に着物を扱い
装っている姿を目に焼き付けた皆さんは
(私も含めて!)これからの展望が
開けてきたのではないでしょうか。

 
着付け教室は来月も開催します。
 
雨の中、ご参加下さった皆さま、
どうもありがとうございました。

 
| gallerykai | 京都の会 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
着付け教室のお知らせです。
5月から着付け教室を開講します。
 
下記、メルマガにて詳細をご覧の上
ご興味のある方はぜひ、お申込み
ください。
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
こんにちは。
ギャラリーKAIの小林です。

 
先日、久しぶりに通った道端に
ふと目をやると白いたんぽぽが
ふわふわと風に揺れていました。

 
都会の真ん中の僅かな土の上にも
春が来ていることに嬉しさを感じる
今日この頃です。

 
本日のKAI覧版は来月から始まる
「着付け教室」のご案内です。

 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
☆着付け教室
 
「京都の暮らしと文化を語る会」で
お馴染みの京都西陣の呉服商・古河一秀さん、玲子さん
による着付け教室を開催します。

 
前回の教室は、4か月コースで行いましたが
この度はどなたにも参加して戴きやすいように
毎回、募集することにしました。

5月から7月にかけて毎月開催しますので、
ご都合合う会に出て下さればと思います。

 
全くお着物を着たことがないという初心者の方、
着れるけれど、復習したい、ここがうまくいかない、
帯の結び方に自信がない・・・などなど
どんな方でもお気軽にご参加ください。

 
毎回のご参加も大歓迎です!
着付け教室でご用意戴くものは
次の通りです。

 
着物、帯(名古屋帯または袋帯)、長襦袢、
肌襦袢、足袋、帯締め、帯揚げ、腰紐3本、
伊達締め2本、コーリンベルト、帯板、
帯枕、薄手タオル2枚

 
もし、持ち合わせがない方はレンタルも
ご用意していますのでお申込みの際に
お書き添えください。

 
レンタルは、一式の場合5000円。
その他の場合につきましては
ご相談ください。

 
*肌襦袢と足袋のみはご購入
 戴くことになります。
 価格は約6000円です。

 

日程:5月13日(土)13時〜17時
   6月10日(土)13時〜17時
   7月 8日 (土)13時〜17時 

 
レッスンは大体1時間程度です。

ご都合の良い開始時間を下記からお選び
戴きご予約ください。

 
13時〜
14時〜
16時〜

 
料金:1回につき3000円
 
ご予約は、メールにて承ります。
| gallerykai | 京都の会 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
京のお正月を味わう会を開きました



 
南座の「まねき上げ」がニュースになると
いよいよ師走が始まるー。

 
生粋の京都人・古河一秀さんによる
語りで、今年も始まりました。

 
「京のお正月を味わう会」も3年目。
 
ギャラリーの新春を飾る恒例行事と
なりました。

 
いつも参加して下さっている方も
初めてお越し下さった方も

 
この日、この時間だけは
「京都時間」を過ごし
味わって戴けたのではと・・・
思っています。

 
年末からお正月にかけて、毎年毎年
同じことを同じように積み重ねてきた
京都の人々の暮らし。

 
それは昨今流行りの単なる「イベント」
ではありません。

 
神様を敬い、家族を大切にし、皆の無病息災と
平安を願う祈りの気持ちがベースにあるからこそ
現代まで脈々と続いてきたのだと、この京都の会
を重ねる度に思います。

 
奥様の玲子さんによる、お節料理も
京都に名を連ねる料理屋で食べる一回きりの
贅沢な料理とは全く違います。

 
家族のために、心を込めて作る
身体に優しく滋味溢れるお味。

 
その仕事は丁寧で美しく
私はいつも傍でお手伝いをしながら
感動しています。

 
そして改めて自分を振り返るのです。
 
自分のルーツ、家族、日々の生活。
 
一年の初めに、この時間を体験することが
少しでも、自分の暮らしを大切にするきっかけに
なれたならば、嬉しく思っています。

 
ご参加くださった皆様、
どうもありがとうございました。

 
そして毎回のことながら
心尽くしのお話しとお料理を作って下さった
古河さんご夫妻に感謝申し上げます。

 
今年も京都の会は、定期的に開催して
まいります。

 
どうぞお楽しみに!









iPhoneImage.png




iPhoneImage.png



iPhoneImage.png



iPhoneImage.png



 
| gallerykai | 京都の会 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
いよいよ



 
1月22日(日)「京のお正月を味わう会」
満員御礼となりました。

 
お申込みくださった方、ありがとうございます!
 
そして、先程、古河さんが当日お出しする
お節調理の数々を持ってきてくださいました。

 
今日はチラ見せを・・。
 
いつもながら、この丁寧なおしごとに
感心しきり。

 
我が身を振り返り、反省しきり。
 
心がどれだけこもっているかは
形に現われますね。

 
日曜日のご報告はまたこちらで。
| gallerykai | 京都の会 | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
東京で祇園祭



 

箱崎の 松の葉守の神風に 月もさやけき 夕べかな

 

 

近年復曲された「箱崎」というお能の一節です。

 

このお能に縁のあるのが、「占出山」。

 

祇園祭の33基ある山鉾の一つです。

 

古河さんのお話をお聞きした後、どんな山かと
調べてみると、金の烏帽子もきらびやかに
右手に釣竿、左手に釣り上げた鮎を持った
お人形は、ご神体である神功皇后。

 

身重ながら、朝鮮征伐のために出兵し、
鮎釣りで吉兆を占い、日本に戻ってのち
無事に出産したという説が基になっています。

 

なんと!

 

「鮎」は、「魚に占う」と書きます。

 

ここから来ていたのかと
思わず、膝を打ってしまった私。

 

ある一つのことを紐解けば
それが連鎖して、知識の層が1ミリ
厚くなったような・・・気がします。(笑)

 

これが大人の遊びってものかもしれませんねえ。。

 

 

 

 

おっと、横道にそれましたが

 

このように、祇園祭とお能は深い関係がある
ということ。

 

あるお能の一場面を観ただけで、分かる人には
分かるという世界で

このどこまでも深い海の住人になりたいものですね〜。

 

お能の唐織などのお衣装の、その豪華さときらびやかさ、
品格と清々しさに、いつも圧倒されておりますが、
美術品級の懸装品に彩られた山や鉾にも、どこか
通じる世界があるのも、納得。

 

次回、祇園祭に行く時は、数年前とはまた
違った見方ができるに違いありません。

 

さて、

 

今回のお菓子は、清涼感たっぷりの
中村軒の水羊羹、「水鏡」。

 

 

 

 

今まで数々の銘菓を古河さんには
ご用意してきて戴きましたが

 

私的には、今回の「水羊羹」が
最高でございました!

 

口に含んだ瞬間、「えっ!?」

 

す〜っと滑らかに
とろけていきます。

 

緊張感を強いない、繊細さと
優しさに溢れたお味は、
しっかり私の舌に記憶されてしまいましたよ〜。

 

使っている原料はシンプルだのに
どうしてこんな風な触感が出せるのか?

 

来年もぜひ、リクエストしたい・・・

 

いや、これは、京都に出掛けた折り、桂まで
飛んでいくしかないと、固く心に誓った
次第です。

 

 

会の当日は、朝から梅雨らしくふりそぼる雨。

お天気も悪い中、お集まり戴いた皆様、
どうもありがとうございました。

 

そして、いつも新しい発見を与えて下さり
心づくしの和菓子を調達して下さる
古河さんご夫妻に、感謝を込めて・・・。

 


 

 

 


 

 

 

| gallerykai | 京都の会 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
「祇園祭のいま」 募集中です。

7月に入り、梅雨の晴れ間にのぞく太陽の日差しも
日ごとに強くなってきましたね。

 

 

そして京都では、7月1日から「祇園祭」が
スタートしています。

 

 

祭の華といえば、「山鉾巡行」。

 

 

平成26年より「大船鉾」が復活して
現在33基。

 

 

各鉾は、それぞれの町内会が、祭にまつわる
風習や行事とともに現代まで大切に保存してきました。

 

 

1000年という長い歴史の中で
紆余曲折を経ながらも現代まで守られてきたのは
京都人の祈りや願いが込められていたからこそ。

 

 

幼い頃から祇園祭に親しんでこられた
古河さんに、思い入れたっぷりに
「祇園祭のいま」を語っていただきます。

 

 

「東京で京都時間」。

 

 

ぜひこの機会にお楽しみください。

 

 

☆今回は毎回恒例のお菓子に
加え、珍しい「お土産」をご用意しました!

 

 

それは、御菓子司・亀屋則克の
「浜土産」(はまづと)。

 

 

蛤の貝殻を開けると琥珀色の寒天。

その中心に浜納豆が一粒浮かぶ
夏の銘菓です。

 

 

実は、前回の「葵祭り」の会の時に
参加して下さった方がお話して下さった
ことがきっかけで、せっかくなので、
今回お土産につけちゃいましょうという
ことに。

 

 

この柔軟性!(笑)は京都の会ならではですね〜。

 

 

併せて、夏を涼しく過ごすための京都発の
小物も併せてご覧戴きます。

 

 

日本特有の蒸し暑さをしのぐ知恵を
京都人の暮らしから感じとって下さればと
思います。

 

 


日時:7月9日(土)
 

 


第一部:13時半〜15時
第二部:15時半〜17時

参加費:4,000円(お茶とお菓子、お土産付き)

 

 


☆ご予約制です。
お申込み、お問い合わせなどメールにて承ります

 

| gallerykai | 京都の会 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
葵祭を語る会



この週末。

東と西で日本を代表するお祭りが行われました。

東京浅草。

365日、この日を心待ちにしていた江戸っ子たちが
我先に担がんと、お神輿に群がり、それを取り巻く
人々をも巻き込んでアツい心意気が結集する
「三社祭」。

一方、京の都では。

平安装束に身を包んだ華やかな行列に、
時が止まったかのような錯覚を覚える
源氏物語もかくやと思う
「葵祭」。

今回の「京の暮らしと文化を語る会」は、
その「葵祭」がテーマでした。

「葵祭」とは毎年5月15日に下鴨神社と上賀茂神社で
開催される例祭です。

そもそも「葵祭」には、お神輿が出ないという
ことに改めて気づかされました。

ということは、神様がいらっしゃらないという
極めて珍しいお祭りです。

それは、「勅祭」という形を取っているから。

つまり、天皇の使者が派遣されて
神社にて執り行われるお祭りだからです。

時代はさかのぼり、時は、桓武天皇の御世。

平安遷都に伴い、使者を神社につかわし
天皇の祝詞を読みあげ、都の守護を願ったところから
始まったとされています。

そして、伊勢の「斎宮」に倣い、賀茂では
天皇の皇女を奉る「斎院」の制が始まりました。

現代では、その形だけ踏襲し、
「斎王代」として、民間の未婚の女性から毎年
選ばれるそう。

毎年、春になると京都人たちの
関心の的となる、そんな話題性も
お祭りが長らく続いていく一つの在り方
なのでしょうね。

ちなみに今年は、京漆器の老舗
「象彦」さんのお嬢様が「斎王代」を
務められたそうです。

日本の東と西で、こうも対照的なお祭りが
行われているということに、つくづく
日本文化の多様さと、精神の在り様を
感じます。

そして、まあ、何でもそうなんですが
こと、お祭りに関しては・・・ぜひ足を運んで
その場の「空気」と「臨場感」を味わいたいもの。

きっと、誰もが持っている日本人のDNAの
かけらが、動き出すに違いない・・そう思って
います。


本日のお茶

抹茶  一保堂 「北野の昔」(京都限定)
お菓子 聚洸 「岩根つつじ」





以前、知人から戴いた「鴨のくぼて」という器。
下鴨神社の境内の糺の森から出土した縄文時代の土器
「窪手」は今日の茶碗の源流と言われています。
フタバアオイのデザインが何とも洗練されています!









 
| gallerykai | 京都の会 | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
「京の暮らしと文化を語る会・5月 募集します。」
「京の暮らしと文化を語る会」
〜京・皐月 葵祭りの頃〜

「京」のあたりまえの暮らしを
京都・西陣の呉服商・古河一秀さんが語る会、
5月は「葵祭りを中心とした京のお祭り」が
テーマです。

春桜が過ぎると、新緑の美しい5月。

秋と並び、日本各地でお祭りが
行なわれる季節です。

東京でいえば、神田祭、浅草三社祭、山王祭。

対し京都はといえば・・・そう、「葵祭」です。

テレビのニュース等でちらりとご覧になったことの
ある方も多いのではないでしょうか。

「葵祭」は、古くは「賀茂祭」といい、
下鴨神社と上賀茂神社の例祭で、
5月15日に行われます。

神輿ワッショイ!のお江戸が「動」であるなら
平安絵巻とみまがうほど優雅で華やかな
このお祭りは、「静」でしょうか。

そこには、古来より受け継がれてきた
精神世界が深く根ざしているといいます。

祭りから紐解かれる我々日本人のルーツを求める旅へ。

季節にちなんだ京菓子とともにお楽しみください。


日時:5月14日(土)

第一部:13時半〜15時
第二部:15時半〜17時

参加費:¥3,000.-(お茶とお菓子付き)


☆ご予約制です。
お申込み、お問い合わせなどメールにて承ります。





 
| gallerykai | 京都の会 | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com