それぞれのアクセサリーのカタチ
4月に行いました白洲千代子さんの展示会で
ご注文戴いたアクセサリーを、お一人お一人に
お渡ししています。

 
白洲さんに一度でも会ってお話しをすると
その方の雰囲気に合わせて素敵に作って
下さるので、とても喜んで戴いています。

 
時にこちらが想像していたものをストーンと
飛び越える意外性にも満ちていて
これがオーダーの醍醐味。

やめられません(笑)




ペンダントトップのお直しを兼ねてのリフォーム。
トルコ石の美しさが一層引き立つ仕上がり。






 
展示会で気に入ってくださったブローチとお揃いでピアス。
旅に出られる前に何とかお届けできました。
旅先で活躍してくれたかしらん。。







七宝を使ったネクタイピン。
ビジネスで使いたいから、あまり派手でないものをという
ご要望に合わせました。
お揃いのカフスでびしっと決めれば、
その日のお仕事も上々!






こちらは、実は私がお願いした額絵。
2015年のパリ展示会に連れていったBook ブローチです。
あまりに好きなので、いつも見ていたいからと
額絵にしてもらいました。



 
こんな風にアレンジできるのも「飾って楽しむ」白洲さんの
アクセサリーならではの魅力です。






今までめったにイヤリングをしたことが無いという方が
このガラスのパーツに惹かれて思い切ってご注文。
耳元で小さな星が揺れて、キュートで品が良いイヤリング。
学校の先生というお仕事でも気遣い無くできると
とても喜んでいただきました。






 
そして最後に、私の注文。
まだ、耳に穴が空いていないというのに
注文してしまったピアスです。

 
このピアスが待っていると思うと矢も楯もたまらず
展示会終了後に皮膚科に走り、空けて戴きました。




このペンダントのパーツを繋いでいる
部分を見た瞬間、眼が釘付け。
この感じが素敵とばかり、ピアスをオーダー。
 
晴れて私の耳におさまる時を待つ日々で
ございます。

 
こうしてみてくると・・・
 
本当に一つ一つのアクセサリーには
身を飾るだけではない一人一人の
ストーリーがあるのだと思います。

 
自分の人生の節目を託すものだったり
心の拠り所だったり。

 
元気の無い自分を励ましてくれたり
「嬉しい」を何倍にもしてくれるものだったり。

 
時には時代を超えて人と人を繋いでくれるものになる。
 
そんなことをつらつらと思いながら
ピアスを耳にする日を夢見る私なのでした。

 
おまけ
 
イヤリングを取りに来て下さった方の
お土産の「どうぶつドーナツ」。
あまりに可愛いのでパチリ。

ほっこりいたしました。
このお茶の時間もまた楽し・・・。

 

























 
| gallerykai | 白洲千代子さん | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
白洲千代子アクセサリー展















| gallerykai | 白洲千代子さん | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
白洲千代子アクセサリー展

雨の日のギャラリー。





| gallerykai | 白洲千代子さん | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
白洲千代子アクセサリー展開催中です。
ガラス、石、貴石、パール、ビーズ、七宝・・・
​白洲さん自ら手作りしたもの
から縄文時代の矢じりに至るまで
​時空を超えたアクセサリーがギャラリーできらめいています。

​本日は、その素敵な作品をご紹介していきます。

​白洲さんのアクセサリーは、用途が限定されないものが多く
​ブローチは、ほぼペンダントにも使えます。

使わない時はぜひ、お部屋に飾ってください。

​今回の展示では、天井から紐で吊り下げて
​風でゆらゆら揺れる風情も楽しんでいます!


​ネックレス(ターコイズ、モルガナイト、パール、ビーズ)






ペンダント(サファイア、パール、ガラス、アクリル)





ペンダント(ラピス、パール、オニキス)





ブローチ(アクアマリン、ペンシェル。ガラス、アクリル)





ネックレス(陶、ガラス、水晶)
​金具で留める必要の無いとっても便利な
ネックレスです。






ロングネックレス(山さんご、パール、ガラス、琥珀、木、
ヘマタイト、ソノラサンライズ)
​柔らかい素材でくねるのが楽しいネックレス。






K18ネックレス&イヤリング
​(めのう、オニキス、ガーネット、パール)






ペンダント(水晶、ガラス、パール、アクリル)





ペンダント(ガラス、パール、ラピス、ガーネット、水晶)






K18ペンダント(ラピス、めのう、さんご、ターコイズパール)





ブローチ(シルバー、ガーネットパール、アマゾナイト)





ブローチ(パール、ガラス、アクアマリン、琥珀、天然石)





ブローチ(アクリル、ガラス、パール、金属パーツ)






K18(ガラス、パール、ターコイズ、ガーネット)






ブローチ(陶、ガラス、パール、陶)




ブローチ(矢じり、ガラス、ガーネット、クリソプレーズ)





イヤリング(ローズクオーツ、水晶、ガラス)





イヤリング(タラス、ターコイズ、ガーネット、サファイア)





​イヤリング(ガラス、水晶、パール)





リング(陶、パール)





帯留(七宝、ガラス、琥珀、パール、天然石)





かんざし(ガラス、パール、アクリル、水晶、ガーネット
​レッドカルセドニー、ヘマタイト)






羽織紐(ガラス、コンクパール)
ブレスレットにも使えます。






​ネックレス(ステンレスメッキ)
とても柔らかくて軽い素材。
二重にしてブレスレットにも。





イヤリング



とても全部ご紹介しきれないのが残念!

​どうぞギャラリーではご自由にお試しください。

白洲千代子アクセサリー展 
4/22(日)まで

白洲さん在朗日:18日、19日、21日、22日

 
★メールDM又は郵送ご希望の方はこちらからどうぞ
| gallerykai | 白洲千代子さん | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
白洲千代子 アクセサリー展のお知らせです。



白洲千代子 アクセサリー展
2018年4月14日(土)〜4月22日(日)

白洲千代子さんのアクセサリーは、さりげない。
 
それは、千代子さんが身の回りにふつうにあるもの
を大事にしてきたからじゃないだろうか。

 
毎日の生活を紡ぐ道具もそうだし、
長い時を共にした愛犬との暮らしや
散歩の途中で見つけたきれいなもの

 
いつも開く本の頁をめくれば
文字の中に光るものを見つける。

 
自分の心に何かを兆すもの。
 
そんなものたちが、素材を選ばず
枠組みにとらわれず
のびのびとアクセサリーに形を変える。
 
そこにはなんの無理も衒いもなく
素直な千代子さんのリズムに溢れてる。

 
そのリズムに私の気持ちを載せて
今日も一日、楽しく過ごすのです。

 
そんな素敵でさりげない千代子さんの
アクセサリーをどうぞ。

白洲千代子 アクセサリー展
 
2018年4月14日(土)〜4月22日(日)
12時から18時
白洲さん在朗日:4/14,15,16,19,21,22

★お手持ちのパーツを活かしたオーダーメイドの
 アクセサリーを承ります。

 
気に入っていたのにいつしかデザインが合わなくなって
身に付けなくなったもの、旅先で買ったビーズやガラス、
片方だけになってしまったイヤリングなどなど
箪笥に眠っているものはありませんか?

 
白洲さんが手持ちのパーツと組み合わせ、ご希望の
オリジナルアクセサリーをお作りします。

 
これまでも多くの方のアクセサリーが甦り、
再び身に着けられるようになったと大変
ご好評を戴いています。

 
素材は、問いません。どうぞお気軽にご相談ください。
 
★輝かしい女性のためのライフスタイルをナビしてくれる
 「エイルナビ」。
 最新号は、白洲千代子さんの特集が組まれています。
 千代子さんのルーツ、作品への思いなど
 ぜひ、ご一読ください。

​  こちらからどうぞ 
★メールDM又は郵送ご希望の方はこちらからどうぞ 
| gallerykai | 白洲千代子さん | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
ブローチのオーダー
アクセサリー作家・白洲千代子さんによる
「お誂え」、先日も私の古いカメオのお話しを
しました。

 
箪笥に眠っている、お手持ちのイヤリングや指輪、
ネックレスや様々なパーツに手を加えて、今、
楽しめるように蘇らせるというものですが、
一からのオーダーも承っています。

 
その時には、
 
色、ご予算、イメージ
 
この3点をお伺いしています。
 
年末にご注文いただいたMさんの
ご要望は、ブローチ。

 
・紺か黒のジャケットやコートに映えるもの
・お名前のイニシャル「M」に石やガラスを
 あしらう感じ
・動きのあるデザインで
・予算は2万円まで

というものでした。
 
実は、Mさんは、2年前にお母さまのお形見の
指輪を白洲さんにペンダントトップに
作り替えてもらいました。

 
ずっと仕舞われたままの指輪はデザインが古くて
嵌める機会が無かったけれど、ペンダントに
生まれ変わってから、登場回数が増えたそうです。

 
とても気に入って下さって、今回のオリジナルの
オーダーとなりました。

さて、完成品はこちら。










 

「M」の両端にピンがついていますから
その日の気分で角度を変えられます。

 
身体が動く度、鎖が揺れる。
 
赤の色がアクティヴな印象に映りますね。

 

コートにもピタリと。



 

今回も大変気に入って下さり嬉しい限りです。
 
次回は羽織の紐を作って欲しいとのこと。
 
Mさんのように、イメージが明確ですと
作りやすいのは確かですが、ぼやんとしていても
大丈夫。

 
いつでもご注文は承っておりますので
まずはどうぞお気軽にご相談ください。
(素材はなんでもOKです!)

 
Mさんが来てくださった日は、東京は雪が時折
はらはらと舞って寒い寒い一日でした。

 
以前ご注文戴いた白洲さんのネックレスでご登場!
 

 




 

 

まるでこのセーターに合わせて作ったかのように
ピッタリですね〜。

 
私も同じようなネックレスを愛用しているものだから、
 
「セーターもいいけれど、白いシャツとかTシャツも
  良いわよね!・・」

 
とかなんとか・・・

 

ローズティーを戴きながら、楽しくお話が弾みました。
 
Mさん、いつもありがとうございます。

 

白洲千代子さんのオンラインショップはこちら

 

| gallerykai | 白洲千代子さん | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
聖夜に星のイヤリングを


iPhoneImage.png

 

 

オンラインショップでご紹介している
☆のイヤリング(ピアス)
白洲千代子さんの作品です。
 
私も愛用しているのですが、
実は、私はイヤリングを落とす常習犯です。

 
というのも、すぐに耳たぶが痛くなったり
かゆくなって、酷い時は、かぶれたりするものだから
どうしてもゆるく着けてしまうのが災いして・・・
落とすのですね。

 
「また、やってしまった!」
 
これまでも何度白洲さんに片方だけ作ってもらったことか・・。
 
きっとこのイヤリングも確実に同じ運命を
辿りそうで(汗)しかも18金ですから、
そんなことになったらとっても悲しい。

 
そんなわけで、着けている間中、ヒヤヒヤもので
落ち着かず、とうとう音をあげて

 
「なんとか落ちないように出来ないでしょうか?」
 
と、お願いしてみましたら
こんなクッションを付けてくれました。

 
なるほど!
 
このクッションがあるおかげで、かなりぎゅっぎゅっと
締めても耳は痛くなりませんでした。

 
おかげで、ガッチリと耳に固定。
 
嬉しい。
 
これで心おきなくお出かけしています!
 
もし、このクッション付きがご希望の方は
ご注文時に書いて下されば対応しますので
どうぞお気軽におっしゃってくださいね。

 
(安心なので本当にお勧めですヨ!)

 

さて、今日は気が付けばクリスマス・イヴ。
 
颯爽とキラキライヤリングでお出かけ・・と
行きたいところですが、私はといえば
朝から大掃除していました〜。

 
なんせ久しぶりの駒込での年越し。

2年分の塵芥が溜まっていますからねー。

 
今日は気になっていた台所から攻めました。

おかげで気分爽快。

 
なんだか年々、クリスマスらしからぬイヴに
限りなく近づいているような気がしますが・・。

 
いやいや、クリスマスに掃除もなかなか良いものですヨ。
 
ご褒美のシュトーレンでまったりコーヒーもマストで
ございます。

 
そういうわけで、おそらく明日も私は掃除をしているでしょう。
 
皆さまはどうぞ・・・ロマンチックな!?クリスマスを!

 

 

 


 

相方は好物の干し柿付き(笑)

 

 

 

| gallerykai | 白洲千代子さん | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
半径5センチのクリスマス




 
さて、先日のブログの続きです。
 
この展示会は、白洲さんとホキ徳田さんの
コラボレーション企画。

(ホキ徳田VS白洲千代子
​ パンドラの箱展 YURIA ART TEXTILE
​   12/10〜12/16)
 
ホキさんは、ジャズ歌手、ピアニストで
いらっしゃいます。

 
ハリウッド時代から蒐集されてきた膨大な
パーツがそれこそ箪笥の引き出しに眠った
ままになっていたそうで、この度白洲さんが
アクセサリーとして蘇らせたというもの。

 
お伺いしたギャラリーの空間は、まるで
自分が小さい頃に、内緒で母のアクセサリーが
入っていた引き出しをそっと開けてみた時のような
不思議なワンダーランドが広がっていました。

 
そこで私が見つけたものはというと・・
小さな小さな朱い実が沢山ついている
造花のブローチ。

 
といっても「造花」という言葉がまったく
似つかわしくないくらいに、リアルなんです。

 
そう、庭の生垣に群生していたひと房を
摘んできて作ったドライフラワーの
ような様子をしていましたから、そういえば
熱中してクリスマスリースを作っていた頃が
懐かしくなって、思わず手にとっていました。

 
そんなわけで、頭は完全にクリスマスになったまま
お持ち帰り。

 
晴れて我が家の定番・クリスマスチームに
今年からジョイン。

 
半径5cmのクリスマスです。
 
シーズンが終わったら、他の方たちは、
お暇しますが、このブローチは一年中出番待ち
ですね!



 
| gallerykai | 白洲千代子さん | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
カメオ




 
「出来ました!」
 
白洲千代子さんから嬉しいメールが届いたのは、
今週の水曜日の晩。

 
母がローマに旅行した時に私のお土産にと
買ってきてくれたカメオのブローチ。

 
それをネックレスにしてもらえないかと
お願いしていたのでした。

 
旅から帰ってきた当時、ローマのカメオ職人では
名のしれたXXさんが作ったのだと、母は
得意げに言っておりましたが、実のところ
真偽のほどは分からず。

 
社会人になったばかりの私は、カメオなんて興味も無くて
遠路はるばるローマからやってきたのに、
箪笥の奥にしまわれたまま陽の目を見ることなく
すっかり忘れ去られていました。
(かわいそうに!)

 
それが、なぜか無性にここのところ気になりだし
それならと、いつもの心強い助っ人・白洲さんの手に
託したのでした。

 
早速、昨日、麻布台のギャラリーで展示会をしていた
白洲さんの元へ。

 
今までも色々なお誂えを彼女にお願いしてきましたが
今回のパターンは初めてでした。

 
通常はお願いしていたものを一つのパーツに見立て
ネックレスに作り替えることが多いのですが、
今回のカメオは、シンプルに金具がついて、
ペンダントトップになっていました。

 
なるほど!
 
こうしてあると、他の手持ちのネックレスにも
使えますから、楽しみが広がります。

 
そして、長さだけお伝えしていたネックレスはというと
スピネルという石とラピスラズリの2種類のみ。

 
実は、先月、白洲さんの個展で目にしていた
ネックレスに私の目は釘付けになっていまして
それが、このスピネルだったのです。

 
黒い粒粒の石に光が当たるとキラキラ
光って、そのノーブルな煌めきにすっかり
見惚れていた私。

 
そこにラピスラズリ。

​ブルーは私の大好きな色。

 
なんとも心憎い取り合わせではないですか。
 
おかげで、カメオさんは、やっと表舞台への
登場回数が増えそうです。

 
若い頃は、趣味嗜好が合わなくて
ほとんどかえりみなかったものでも
年齢を重ねて、ある時その魅力に気づくことが
あるもの。

 
モノとの付き合いに起こる些細な発見を
カタチにしてゆくこと。

 
それは素敵なお仕事ですね。
 
白洲さん、ありがとうございました。
 
次回のブログでは、この展示会で連れて帰ってきた
かわいらしいプチアクセサリーをご紹介します!
| gallerykai | 白洲千代子さん | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
アクセサリーお誂えの会
今日は、白洲千代子さんの
「アクセサリーお誂えの会」
を開きました。

毎年、楽しみにこの会を待っていて
下さっている面々がそれぞれの思惑を
胸に(笑)集まりましたよ〜。

大事な先輩から戴いたお形見の、
もう飴色になった象牙のブローチや
大部分のパーツが取れてしまい今や
最初の面影がすっかり無くなって
しまったというペンダントトップ、
この日のために香港で調達してきた
戦利品の数々…








あれやこれやと白洲さんを囲んで
アクセサリー談義に花が咲いた
のでした。

そうこうしている間にも白洲さんの
手は、くるくると魔法のように
動いていて、気がつくと完成して
いたりして。





思わずため息をつきながら、都電の
庚申塚側のお店で買ってきたわよ
という、おもたせのおはぎを皆で
戴きながら感心しきりというわけ
で。。。
つくづく、幸せな私たち。。(笑)

中には何もパーツをお持ち戴かず、
普段からこんなものが欲しかった
のだけれどというご注文もお受け
しました。
直接白洲さんとお話ししながら
オーダーできる機会もなかなか
ありませんので、密かにこんなものが
欲しいぃ!という野望をお持ちの方は
ぜひ、駒込までお出かけください。

明日も13時からオープンです。

お目にかかれること楽しみに
お待ちしています。


こちらは、箸置き!
これがどんな風に変貌するかは
見てのお楽しみ。










| gallerykai | 白洲千代子さん | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com