ガラスで涼を
ここ数日、東京は日が暮れても一向に
気温が下がらず湿度は上がりさながら
蒸し風呂のようです。

こういううだっとする時は、とにかく
どこからでも涼を取りたい。




我が家の夏の定番は毛利さんの蚊遣り。

今年は例年に比べて蚊が少ないようで
蚊取り線香を焚いたのは1回きりです
が、部屋に置いておくだけで、ちょっと
洒落た夏の風物詩となります。

先日、マントンの海辺で拾った石は
同じく毛利さんの「Candy」シリーズの
大皿に入れると、思い出とともにあの
地中海の煌めく光が甦る。

ああ、この色ガラスのつぶつぶは、
海で弾けていた波のつぶ。

暑い暑いといっても、夜は虫の声が
聴こえ始めましたね。

もう少し、もう少し。

そのうち夏の名残を探す季節がやって
きます。




| gallerykai | 毛利夏絵さん | 18:26 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
Candy
ガラスの器が食卓に上ることが多くなり
ました。
こう暑くなってくるとなおさら。

我が家で登場回数が多く、ご飯を食べに
来た友人たちにも好評なのが、毛利夏絵
さんの小皿。

その名も「Candy」



お皿の縁にガラスの粒つぶがぐるっと
一回り。
時々キラリと光が反射してまるで水面に
きらめく光の粒を見ているような気分に
なって私も大好きな小皿です。

これは、寒い時期でもよく使います。
全体的に土もの系が多くなる食卓も
この小皿を挟み込むと途端にリズムが
ちょっと軽くなって楽しい。
ちょっとしたお浸しなども、お酒のため
の前菜に早変わりしてくれるなんとも
洒落た小皿です。

先日ご注文を戴きましたので毛利さんに
お願いして作って戴きました。

ブルーとオレンジの2種類。

この「Candy」は他にボウルや取り皿、
大皿などもあります。
我が家にも大皿があるのでそろそろ食器
戸棚の奥から取り出して何か蔓ものでも
活けましょう。



| gallerykai | 毛利夏絵さん | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
梅雨前に
我が家のベランダは新緑の季節を迎えてから、
あれよあれよという間に緑地化しております。
東京では考えられないほどです。
ローズマリーやセージはぐんぐん新芽を伸ばし前の3倍くらい
のボリューム。
フェンネルはどんどん株を膨らまし、みょ〜に逞しくなっています。
ハーブだけではありません。ツワブキの葉の数も大きさもこれもまた3乗くらい。
モッコウバラや紫陽花・・・シクラメンたるや葉の塊のようになっています。
秋の野草のフジバカマや水引も気がつくと、背が倍くらいに・・・・。
そんなわけで人間は真っ直ぐ歩けません。
ベランダの壁に這い蹲るようにして水遣りです。
このまま梅雨に突入すればさらに勢いは増すに違いありません。
ベランダが全て占領される日も・・・近い!

それを人に言うと、「空気が良いからよぉ。」と言われます。
そうなのかなあ。
人間はそこまで感じてないけれど。
陽射しと湿度の関係が良いのではと個人的には思っておりますが。
植物は敏感です。

クレマチス、今年も花をつけてくれました。
私がほおっているせいか、数は多かったけれど小さかった。

ある鉢が花を付けると、リビングのテーブルから見える位置に
ベランダを移動させます。
お花を眺めながら食事をするのはとっても気分が良いのです。

すんでのところで花びらが散りそうになっているものを一輪
そっと摘んで毛利さんのガラスの片口に生けます。
色素が薄れて向こう側が透けてみえる。
最後の最後まで楽しませてくれる花たちです。

| gallerykai | 毛利夏絵さん | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
毛利さんのガラスの新作・ご紹介です。



現在、開催中の「on the wall・・・壁を飾るモノたち」と一緒に
毛利さんのガラスの新作を展示しています。
今日はその詳細をご覧ください。




aqua サマープレート 直径25cm 高さ6cm ¥8,400.-




aqua コンポートL   直径22.5cm 高さ10cm ¥7,980.-
aqua ミニコンポート 直径13cm 高さ 7cm ¥3,990.-




片口 アワ  LL 直径20cm x 11.5cm x 高さ11cm ¥6,510.-
       L  直径14cm x 9cm x 高さ8.5cm ¥4,200.-
       M  直径10cm x 7.5cm x 高さ6cm ¥3,675.-
       S  直径7.5cmx 5cm x 高さ5cm ¥3,150.-




snow サマープレート 直径27cm 高さ5cm ¥8,400.-




snow コンポート  直径19cm 高さ11cm ¥7,510.-




candy ライト    直径11cm 高さ21cm ¥10,500.-

人気の定番、蚊遣りも入りました。



蚊遣り 直径18cm  高さ 7cm ¥4,725.-
こちらで詳しくご紹介しております。

 
| gallerykai | 毛利夏絵さん | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
Candy 豆皿の新作登場です。
先日ガラスデザイナーの毛利夏絵さんがお店に新作を持って来てくれました。



「アクア」

薄い水色の粒々がお皿のまわりを縁取っています。
今までも、ブルー、オレンジをはじめ、赤、緑、紫など色数が
増えていましたが、より食卓で使いやすいように、やさしい色合いをと
出来たのがこの新色です。

なんだかほっとするような清清しい色。

これから春に向う季節。嬉しい新色です。豆皿だけではなく、ボウルやプレートなども出る予定です。

Candy 豆皿 直径 11cm
価格 ¥2,520.-
| gallerykai | 毛利夏絵さん | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
今の季節は、ガラスです!
8月に入ってから、暑いですねぇ。。。
陽射しも強いし、蒸し暑い。
じっとしていても、汗がジワジワ、タラタラ出てきます。
こんな気候のせいなのか、今年の夏は、食卓にガラスの器が
頻繁に登場いたします。

今年の夏は、毛利さんのガラス、2つゲットしてしまいました。
一つは、Candy大皿。この前のお料理教室でも盛り付けて
良かったなあ。





たまには、晩ごはんも作らず、近くの商店街でいろいろ調達してこようなんて時、サラダ菜と一緒にいろいろな惣菜を盛り付けてもあまり、ごちゃごちゃしないのはガラスの透明感があるせいでしょうかね。

そして、もう一つは、片口皿。
ガラスの地に気泡が入ったようにアワアワしてる。
大きさも手頃でこれは、もう頻繁に使っています。




このお休みのお昼もあまりに暑くて、全く作る気がしなかったので
パンとサラダだけにしてしまった。でも、この片口皿に盛ると、イッパシの
ランチのようではないか。フフフ。内容は手抜きでもお皿がお気に入りだと
気分は高揚するから、きっと身体にも良いはずです。




このアワアワを見ていると、自分が水中で漂っているみたいな不思議な気分になります。
このアワは、宙吹きで吹いている時に「重曹」を入れるのだと
毛利さんがおっしゃっていました。
いろんな技があるのですねえ。

当分、ガラスの器は活躍しそうです。




| gallerykai | 毛利夏絵さん | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
力作完成。
先日、ギャラリーKAIで毛利夏絵さんと作った
ワークショップの作品が出来上がってきました。
この日は、小皿と箸置きを作成。


皆さんの力作をご紹介します。














とてもきれいでしょう!
涼しげな同系色でまとめたり、絵画調のもの、凝ったデザインのものと
いろいろです。


それぞれの個性が際立って、面白いですね。

小皿は、写真立てや額縁に、箸置きは、アクセサリーやおはじきにもなります。

ちなみに、私はトイレに飾る額縁のつもりで作りました。
ただ今、中に入れるものを検討中。

今後も開催する予定ですので、また、お知らせします。
| gallerykai | 毛利夏絵さん | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
ワークショップ・レポート
7月21日(土)・22日(日)の2日間にわたって、毛利夏絵さんによる
ワークショップ「ガラスで小物を作ろう」をやりました。





正方形にカットされた透明な板ガラスの上に、色ガラスを自由に置いて
小皿と小物を作ります。








色ガラスは透明なものから、不透明なものまで多彩な色が用意され、
見ているだけで、きれいでうっとり。。。
子供の頃にたくさんの種類のおはじきを見て、ワクワクした感覚を
思い出します。

ビーズ状に砕いてあるものは、そのままで、板状のものは
毛利さんにカットして戴きながら、思いのままに、デザインしてゆきます。




毛利さん、なんなくガラスをカットしてゆくの図。
参加者、感心しきり。




こんな愛すべき道具も登場。
カットされたガラスの破片が下の袋に落ちる仕組み。ドイツ製だそうです。


土曜日チームと日曜日チームでまったく個性が分かれたのも面白かったですね〜。
土曜日チームは、ほとんどの方がビーズ状のガラスを使い、色も緑や青系で
今の季節にふさわしい涼しげで優しげなトーン。
日曜日チームは、またうってかわって、青系、オレンジ系、紫系と分かれ、
次々に、毛利さんにガラスのカットをオーダー。(毛利さん、お疲れ様でした!)
ガラスに絵を描くように作っていました。

かくいう私も日曜日に参加。
久しぶりに創作活動に加わって、楽しかった〜!

出来上がりは、またブログにアップしますので、どうぞお楽しみに。




| gallerykai | 毛利夏絵さん | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com