導き手
週末の朝、つらつらと寝ぼけ眼の
私の耳に入ってきたラジオ。

それは何かの短編の朗読でした。

「わたし」と親友「しーちゃん」の
物語。

クラスの落ちこぼれだった親友の
「しーちゃん」は突然病魔に襲われ
旅立ってゆく。

ふさぎがちだった「わたし」を
両親が連れていった山で幼い弟が
石に頭をぶつけて意識不明に。

病院へ急ごうとするも道は渋滞で
車は動かない。

「弟を助けて下さい。」

懸命に心の中で「しーちゃん」に祈る
「わたし」。

と、そこに現れたのは一台の白バイ。
病院まで先導してくれたおかげ
で弟は急死に一生を得る。

最後にヘルメットを脱いだその顔は
紛れもなく「しーちゃん」で、
いつの間にかその姿は消えてしまって
いた。

そう、「しーちゃん」の夢は大人に
なったら白バイになることだった。

こうして大人になった弟は白バイに。
「わたし」は医者になった。

というようなお話。

「導き手」

いつしか引き込まれるようにこの話に
しみじみと聞き入っていた私の心に
浮かんだのはこの言葉でした。

「しーちゃん」は、この世には
いないけれど「わたし」と弟の導き手
となって心の中にいつまでも生きて
いる。

私の頭はいつしか、そのつい数日前に、
巌さんの個展に来てくれた友人が
語ってくれた話に飛んでいました。

自分が今、ピアノと共にある人生を
送れるのは幼い頃に出会った先生の
おかげなのだと。

今は亡きそのおじいちゃん先生が
私にいろいろなことを教えてくれた。

音楽のこと
美術のこと
ピアノを弾く喜び。。

私にとって器の原点が巌さんのように
彼女のピアノの隣にはその先生がいる。

一時中断していたピアノのレッスンも
再開したのだと嬉しそうに話して
くれました。

離れていても還る場所があること。
私たちをそこへと導いてくれる存在。

巌さんも先生ももうこの世にはいない
けれど、いつもその気配を感じながら
私たちは生きている。

自分の親みたいな大切な存在。

…なんてことをとりとめもなく
つらつらと考えていたらなんだか
心の奥がキューンと痛くなって
きました。

思いがけずラジオから流れてきた
物語。

またいつかの週末に
今度は別のお話を
きっと聴く機会があるでしょう。

その時を楽しみに。








| gallerykai | | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
合わせてみれば・・・
久し振りに毛利幸子さんがお店に来てくださいました。
毛利さんといえば、「墨アート」の作品を通じて
生活をアーティスティックに彩る術を教えて下さっておりますが
それも日頃、生活してゆくなかで閃いたアイデアや何気ない感動が
引き出しになっているのですね〜。

この日、見せて下さったのが、ご自分で染められた布に墨で
模様を描いたはぎれでした。新潟で道端に倒れ掛かっていた茂みから
採取したお花で染めたのだそうです。




思わず、戸田さんの粉引碗の下に敷いてみたら・・・
あまりにハマッてしまい、大撮影大会になりました。
と〜っても良い感じの取り合わせです。
これまでは、主に、白い布地に墨でデザインされていましたが
染布との相性も抜群なんですね。

今後の展開が楽しみです。
| gallerykai | | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
さて、来年は・・・
今日、お忙しい中、毛利幸子さんがお店に遊びに来てくれました。
去年からスタートした手書きのカレンダー、いよいよ来年の分に取りかかっているそうなのですが、まだ今の段階では、デザインのイメージの発展途上なのだとか。
ちょっと気分転換にカメラを持って外に繰り出したのだそうです。
眼に写るふとしたこと、アンテナに引っかかったもの、全てを取り込んで
ここというときにアウトプットする。
並大抵の作業じゃありませんね〜。私たちの手元にやってきた作品は、
あらゆる可能性や感性の集大成みたいなものなんでしょう。

このブログを書いている今は、もう夜中の12時過ぎ。
雨も降ってきました。
毛利さん、今頃、粛々と紙に向かって筆を動かしているのかなあ。
楽しみです。




これは、去年のカレンダーです。


さて、毎年、行っている年賀状ワークショップ、今年も行います。
今回は、お正月に使える小物作りなどを中心に内容構成しようかなと
思っていますが、詳細はまた、ブログ、メルマガでお知らせしますね。

日にちは、12月9日(土)・10日(日)です。
どうぞカレンダーに○つけておいてくださいね。
| gallerykai | | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
毛利さんのインタビュー
先日、私もお世話になりました「Core Core club」さん。
今、毛利幸子さんのインタビューが掲載されています。

毛利さんの「広告」というお仕事の部分と、ギャラリーKAIでも展示してくださっている「墨グラフィーによる作品」への思いが、語られていて
改めて、かっこいいー!と思ってしまう私なのでした。

こちらからどうぞ。
| gallerykai | | 23:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
ランドマークにて
今日から、横浜のランドマークタワーにある有隣堂ギャラリーで
我らが毛利幸子さんの個展が開かれているので、早速行ってまいりました。




ギャラリーKAIで見慣れているはずの毛利さんの作品が、異なった空間に
あると、新鮮な感動を覚えます。

先月のKAIの個展ではオーダーメイドが中心だったため、作品数としては
数が少なかったのに比べ、今回は、全てが完成品。
このようにまとめて見ると、作品の良さが断然引き立っていて拍手!したい気持ちでした。





KAIからも器を出品させて戴いています。
高野利明さんの土もの。




毛利さんの書と合わせてあると、なんだかとってもカッコよくって
嬉しくなってしまいました。




お時間のある方は横浜に遊びに行きがてらいかがでしょう。

「暮らしを彩る 墨・アート作品展」6/5〜6/15 11:00〜20:00
有隣堂ランドマークプラザ店

期間中暑中お見舞いのハガキ、ポチ袋などを作るワークショップも開催。
6/8(木) 13:00〜14:30 15:30〜17:00
6/11(日) 13:00〜14:30 15:30〜17:00
参加費¥3,500.-

問いあわせ先:有隣堂ランドーマークプラザ店 045-222-5500

| gallerykai | | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
小さな芸術家たち
今日は一日どんより曇り空。
寒さに凍えるような午後、
最近、よく顔を出して下さるSさんが電話をくれました。
「子供たちが描いたので、ご覧戴きたくて。」

その子供たちが描いたのがこれです。





布に筆で自由に描きました。
Sさんは、ある養護学校でボランティアをされています。
以前KAIにいらして戴いた時、毛利さんの墨で模様を描いた石を
一目見るや
「子供たちにやらせてみたい。」

それからあちこち石を探したのですが、どうしても見つからず
とりあえず布と筆を渡して描いてもらったそうです。

「描いている間ね、子供たちの周りに、私たちみんな集まってきちゃって
ぽかんと見ていたの。ほんの数分の間なのに。本当にすごい絵を描きます。」

何ものにも捉われることなく筆の赴くまま。
社会の一員としての生活をしていくことが前提となった現代に
生きている私からみれば、彼らは、まったく解き放たれて
自由に見えます。
羨ましいばかりの筆の運びに感動を覚えました。

そしてわざわざ大事な絵を見せにいらして下さるSさんの気持ちが嬉しい寒い冬の午後でした。
| gallerykai | | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
新年初作品は・・・!


毛利さん作・麻の「のれん」です!
年末にご注文を戴いていたものが早くも完成。
今回は、布の選択やデザイン、どのトンパ文字を入れるかなどお客様から直接毛利さんがご希望を伺って作製したという完全なるオーダーメイドです。
このような布物は、それぞれの方の生活空間に合うよう、きめ細かい
打ち合わせをして作って戴くのが理想ですが、まさにこののれんは
お客様の想いが形になった・・といえるのでは!

ギャラリーの壁に飾ったら、そこだけ自然の風が吹いてくるような。。
リラックス空間に早変わり。
優しい墨の線がゆったりとした気分に誘ってくれます。
思わず空想の世界に遊んでしまうこんな瞬間が持てたら素敵。

水仙を活けた花器ともよく合いました。




毛利さんからはこんな嬉しいプレゼント付き。



トンパ文字の意味もこれで分かります。

| gallerykai | | 23:27 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com