「漆芸の見かた」出版されました




「漆芸の見かた」
─日本伝統の名品がひと目でわかる─

 
が出版されました。 →
 
編著:小林真理
発行:誠文堂新光社

 
この本は、10年という歳月を費やし、
北は青森・津軽から南は沖縄まで日本全国の
漆の産地を訪ね歩いてまとめた本です。

 
時には人間国宝の至宝を、時には黙々と
独自の技を受け継いできた職人
たちの至芸を取材し、ふんだんな作品の
写真とともに紹介しています。

 
漆の基礎知識や漆器の扱い方なども
イラストで分かりやすく解説。

 
漆器を使ったことが無いという方も
漆が大好きという方も
美術館で名品を観るのが楽しみという方も
ぜひお手に取って戴きたい本です。
 
編者の小林真理さんは、画家であり
2014年にはギャラリーで個展 「PLANTS」を
開催。   
 
 
同時に、アートディレクター、美術ジャーナリスト
として、これまでに美術や工芸にかかわる
数々の本をこの世に送り出してきました。

 
最新刊の「漆芸の見かた」は、
「使命感に後押しされて達成感のようなものがあった」
と言います。
 
「漆芸の見かた」では私も執筆者の一人として
参加しました。取材を重ねる度、同じ思いは
強くなっていきました。

 
日本人の生活様式が変化し、私たちの生活から
漆器は激減しています。

 
そんな今だからこそ、もう一度。
 
この素晴らしい文化が日本には生き続けていること。
逆風の中で、今もコツコツと作り続けている人たち
がいること。

 
そして、新しい形を探りながら、独自の道を切り拓いて
いる人たちがいることを知るきっかけになってもらえたらと
思います。

こちらでもご紹介しています。

| gallerykai | 漆器 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
7月の着付け教室のお知らせです。
7月の着付け教室のお知らせです。
 
京都西陣の呉服商・古河一秀さん、
玲子さんによる着付け教室の7月のご案内です。

 
5月から毎月1回開催してきましたが、いよいよ
7月は前半の締めの回です。

 
これまで頑張って毎月参加して下さった方は
ぜひ復習を。

 
そして初めてという方も、着物体験の第一歩として
新鮮な時間を過ごして戴けたら嬉しいです。

 
季節柄、浴衣の着付けも大歓迎です。
 
教室が終わったら、ギャラリーの近くの
巣鴨商店街を夕涼みがてらそぞろ歩きも
気持ち良いですヨ。

 
着付け初心者の方も、普段の着付けで
分からないことがあるという方も
どなたでもお気軽にご参加ください。

 
少人数制の和気あいあいとしたお教室です。

前回の様子はこちらでご紹介しています。

着付け教室
 
日程:7月29日 (土)
 
レッスンは大体2時間程度です。

ご都合の良い開始時間を下記からお選び
戴きご予約ください。

 
13時半〜15時半
16時〜18時

 
料金:1回につき3000円
ご予約は、メールにて承ります。

★全くお着物を着たことがないという初心者の方、
着れるけれど、復習したい、ここがうまくいかない、
帯の結び方に自信がない・・・などなど
どんな方でもお気軽にご参加ください。

 
着付け教室でご用意戴くものは
次の通りです。

 
着物、帯(名古屋帯または袋帯)、長襦袢、
肌襦袢、足袋、帯締め、帯揚げ、腰紐3本、
伊達締め2本、コーリンベルト、帯板、
帯枕、薄手タオル2枚

 
もし、持ち合わせがない方はレンタルも
ご用意していますのでお申込みの際に
お書き添えください。

 
レンタルは、一式の場合5000円。
その他の場合につきましては
ご相談ください。

 
*肌襦袢と足袋のみはご購入
 戴くことになります。

 価格は約6000円です。

 
その他ご質問等ありましたら
お気軽にご連絡ください。 

| gallerykai | - | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
坂本さんが奈良県の代表に選ばれました。



 
今日は嬉しいお知らせです。
 
奈良の吉野のあかり作家・坂本尚世さんが、
LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2017の奈良県代表に
選ばれました。

 
LEXUSとは・・・そう、あのトヨタ自動車の高級車です。
 
トヨタ自動車と高級車のブランドである「レクサス」の
全国販売店が、地域の特性を生かし、新しいものづくりを
するアーチストたちを支援するプロジェクトを展開しています。

 
スーパーバイザーは小山薫堂氏、サポーターには建築家の
隈研吾氏他などが参加。

 
この代表に選ばれると、サポーターによるアドバイスを元に
新しい商品を作り、翌年の1月にプレゼン、その後商品化されれば
国内外へ広まる大きなステップとなります。

 
坂本さんは、地元吉野の檜を薄くスライスし、
‭吉野特産の和紙と組み合わせたあかりを作っています。

2012年にギャラリーで個展をしていただいた時、
ギャラリーに灯った夕陽色の灯りは、その場に
集った沢山の人の心も優しく照らしました。

坂本さんのオリジナリティが、古来より育まれてきた
吉野檜の伝統を生かす。

素晴らしいですね〜。

次世代の匠として、これからの坂本さんの活動が
楽しみです!




| gallerykai | あかり工房 吉野 | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
茅の輪くぐり



 
早いもので今日は2017年の折り返し地点。

そして6月といえば「茅の輪くぐり」ですね。

 
私も、近くにある七社神社で茅の輪くぐりをします。
 
6月と12月に神社で行われるこの神事は、
茅草で作られた大きな輪を左まわり・右まわり・左まわりと、
八の字を書くように三度くぐり抜けることで、半年分の災厄や
疫病、罪などが祓われるといわれています。

 
といっても、そんなに緊張することはありません。
お散歩ついでに神社をのぞいてみて、茅の輪があるぞと思えば
誰でもくぐることができます。

 
折しも、今の季節、神社には雨露をたっぷり含んだ
紫陽花がようこそと迎えてくれますから一年の中でも
なかなか楽しい参拝です。

 
思い返せば去年は、私の母が6月に老人ホームに入居し
今年は、昨年から係わってきた仕事が6月に一段落。

 
自分の中では、厄を払うというより、
一大事が過ぎ去った後の持って行き場の無い
気抜け状態の自分をここで一度リセットするという
意味合いの方が強いような気がします。

 
行事ってうまく出来ているのですね。
 
さて、ここでぎゅっと新たな気持ちで
秋以降のギャラリー、準備してまいります。

 
明日からはいよいよ七月。
皆さまも健やかな時をお過ごしください。


| gallerykai | 店主敬白 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
ガラスの蚊遣り



 
6月に入り、梅雨の気配がひたひたと
肌身に感じる頃合いとなりましたが
この週末は東京は、カラリとよく晴れて
清々しい陽気でした。

 
この貴重な時を逃してはならぬとばかり
せっせと洗濯に励んでいるここ数日。

 
昨日もいつものようにパティオで
洗濯物を干していましたら・・・。

 
むむっ。
 
視界の端をちらっとよぎったあの黒い影。
 
おまけにいやな音付き。
 
そう、蚊です!
 
我が家のマンションの通路には
ぐるりとアイビーの植え込みがありますが
毎年そこにかなり生息しているとみられ
真夏になると、ちょっと外で立ち話
しようものなら、集中攻撃に遭います。

 
もう、出ましたか。
 
週末、町内の公園の花壇で土仕事をしていた相方は
十数か所刺されるという被害に遭い、ご近所で
キンカンを塗ってもらって帰ってきましたし。

 
そんなわけで、即、押し入れから出してきました。
 
蚊やりです。
 
ガラス作家毛利夏絵さん作。
 
毎年、夏には欠かせないアイテムです。
 
ガラスの透明感がなんとも美しく、
蚊取り線香の煙でむせむせしていても
清涼感で癒されます。

 
とても蚊やりとは思えないお洒落なデザイン。

蚊取り線香を焚かない時は
そのまま出しっぱなしにしていても
インテリアになります。

 
この分ですと、今年は早くから活躍しそうです。
 
毛利夏絵 蚊やり 
¥5,400.-

 
お問合せはギャラリーKAIまで
どうぞ。
| gallerykai | 毛利夏絵さん | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
武田千秋さんの工房を訪ねて




 
毎年、5月の連休は山形の友人宅に滞在
するというのがここのところ定番と
なっております。

 
畑仕事を手伝った後は、車を5分走らせて
温泉で汗を流し、たっぷり湯船に浸かって
お腹を空き空きにしたら、テラスで
美味しいビールを呑む。

 
これがいつもの極上のパターンなのですが
今年は、それに加えてとっても楽しみな
出来事がありました。

 
山形といえば・・・そう、武田千秋さんです。
 
KAIのお店が目白台にあった頃は、
いろいろな器を作って戴きました。

 
普段使いのシンプルな器は個展でも大好評でしたし、
「禅寺のおばんざい」では、キュートな器で精進料理
をモダンに見せてくれました。

 
目白周辺で3年続いた「バロック音楽祭」
で企画した「音の小鉢」も懐かしいですね〜。

 
ちなみに我が家では、今でも大事に使って
います。

 
武田さんは、ご出産を機にしばらく陶芸活動を
休まれていましたが、昨年、再び再開されました。

 
その報を聞くや否や、居ても立ってもいられず
早速、今年9月に個展が決定。

 
武田さんの器を首を長くして待っていた方も
多いのではないでしょうか。

 
そんなわけで打ち合わせに久しぶりに
武田さんのご実家にある工房とギャラリーを
お訪ねしたのでした。




 
武田さんの器の形は、とても丁寧で繊細な
女性らしい手さばきと、どこか肩の力が
すっと抜けるような軽い空気感のバランスが
絶妙で、その気持ち良さを愛している方も
多いかと思います。

 
お子さんと供に歩む日常で
器づくりも何か変わったことがある?

 
とお聞きすると、
 
「ぜーんぜん無いですよ」
と笑顔が弾ける。
 
そんな自然体なところがとっても
好き(笑)

 
お伺いした日は、連休の後半でしたが
折しも山形では山菜の季節。
 
東京から来たのだからと、武田さんの
お母さまが心尽くしの山菜料理を
作って下さいました。
 
そう、4年前にお邪魔したときも
いろいろご馳走になったのに
今回も・・・・。

採りたての新鮮な味は
ピリッと苦みが効いた春の味で
しみじみと美味しかったです。

 
東京に暮らす者にとってとても贅沢な
時間を味わせて戴きました。



ウルイ



音の小鉢に盛り付けられていたのは、
「あけびの芽のクルミ和え」



iPhoneImage.png

ワラビの一本漬け​






iPhoneImage.png

ギンボ​

秋の個展では、普段の暮らしに使える
器を中心に、新作をご紹介します。

どうぞお楽しみになさっていてくださいね。


 
| gallerykai | 武田千秋さん | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
着付け教室開催しました
この週末は、全国的に大荒れなお天気で
東京も朝からしっぽりたっぷり降っていた中、
久しぶりの着付け教室を開催しました。

 
皆さま、無事にいらっしゃれるかしらと
心配していましたが、お着物への気持ちは
アツいのですね。。

 
お荷物を抱えて、雨に濡れながら、
ギャラリーに辿りついてくださいました。

 
今回のメンバーは、以前、人に着せてもらったことは
あるけれど・・という、ほぼ初心者に近い方
ばかり。

 
古河玲子さんの手取り足取り大奮闘の
2時間で、ほら!




 
綺麗に着ることができました。

「なんだか気持ちが上がりました。」
 
そう言ってくださった言葉が印象的です。
 
私くらいの年代の女性は、母親から着物を
譲られることが多くなってきています。

 
でも、自分では着ることもできないし
組み合わせもよく分からない。

 
いつか何とかしなければ・・と思いつつ
持て余す日々。

 
そんな長い時を経て、思い切り受け身の
姿勢だったのがプラスの方向に転換した瞬間の
言葉だったのかなと思います。

 
玲子さんが、いとも楽に簡単に着物を扱い
装っている姿を目に焼き付けた皆さんは
(私も含めて!)これからの展望が
開けてきたのではないでしょうか。

 
着付け教室は来月も開催します。
 
雨の中、ご参加下さった皆さま、
どうもありがとうございました。

 
| gallerykai | 京都の会 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
久しぶりに
ご注文品が届いてから、せっせと毎日
発送したり、直接納品にお伺いしたり
しています。

 
昨日は、久しぶりに南長崎のCafe Suginocoさんへ
シャツをお届けに参りました。

 
住宅街にひっそりと佇む古民家の
扉を開けると、以前と変わらず
静かで優しい空間が迎えてくれました。

 
奈良・吉野の坂本尚世さんのツリーライトも
お店の一角であたたかく灯っていて
とっても嬉しくなりました。




 
今回ご注文戴いたシャツは、白のピケの
シンプルなシャツと、なんと黒猫が
たくさん飛んでいる!?可愛いシャツです。

 
オーナーさんの可愛い雰囲気にぴったりでした。
 
美味しい珈琲と私の大・好・物!のレモンの
ケーキを戴いて久しぶりに寛ぎすぎて
しまいました。

 
ここのところ、慌ただしい毎日が
続いていましたから、すっかり
リセットされて、帰ってきました。

 
オーナーの方の丁寧で優しい気持ちが
沢山詰まった素敵なお店です。

Cafe Suginoco
豊島区南長崎3-40-14
営業時間10:00〜17:00
定休日:日・月・祝



| gallerykai | Be a Pal! | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com