水引細工の贈り物
 
水引作家・三俣京子作 「鶴・亀」
 
ブラジルで挙式される方のための贈り物として
ご注文を戴きました。

 
「鶴」と「亀」の組み合わせは結婚のお祝いの象徴です。
 
「鶴」は、天から福を持って地上に飛来する美しい男性を、
「亀」は、長寿のしるしで可愛らしい女性を表します。

 
お二人の 末永い幸せを込めた贈り物が海を渡ります。













熨斗紙は、イラストレーターでもある三俣さんオリジナル。
| gallerykai | 水引細工 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
10月の水引教室のご報告




10月の水引教室のご報告です。
 
水引の基本「あわび結び」からの
アレンジで、富士山を作りました。

 
まずは、濃紺の半紙で袋を折り、水引で作った
富士山をかけていきます。





 
紅白の祝儀袋より、こちらのほうが
ぐっとくだけて、応用範囲が広そうです。





 
お年賀とか、ちょっとしたご挨拶に
お持ちするのに良いですね〜。

ブルー系を3本、白を2本、計5本水引を
使って雪をかぶった富士山のイメージです。

 
この富士山を応用すると、なんとハートになります!



 
こちらは更に、色々な場面で使えそう。

バレッタにも出来ます!





 

参加して下さった方のテンションも
かなり上がっておりました。

 
シーズンごとにお教室の内容は新しくなっていきますが
一方で、繰り返し行う講座もあります。

 
その中で大人気なのが、玉結び。




 
こちらは、アクセサリー、カフス、髪飾り、
食卓でのアレンジなど、使ってみたい場面が
沢山あって、女子の心をくすぐってやみません。

 
中には復習したいからと繰り返し
参加して下さる方も!





 
講座の内容も、回を経るごとに
ブラッシュアップされ、より分かりやすい
内容になっています。

 
毎回、付くおみやげキット。



 
ご自宅で作れるようにと三俣さん
セレクトの可愛いものが
たくさん詰まっています。

今月は、「あかりと絵画のある風景」展を
開催中で、吉野檜のあたたかなあかりが
灯る空間でのお教室となりました。




 

来月は、いよいよお正月飾りに使いたい
「伊勢海老」を作ります。

 
どうぞお楽しみに!
 
こちらで募集中です























 
| gallerykai | 水引教室 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
「あかりと絵のある風景」展 その3

 

「あかりと絵のある風景」展、
10月中は、毎週金、土と開廊しています。

 
坂本さんのあかりと富山さんの絵画は
引き続きご覧戴けますので、ぜひ
この機会にご覧戴けましたら
嬉しいです。

 
前々回のブログでは、コードレスの
あかりをご紹介しましたが、今日は
コードが付いているあかりを
店主が日頃愛用しているあかりを
含めてご紹介してゆきますね。

 




ペンダントランプ
「○ふわり」23,000円+税
直径上10センチ下18.5センチ
高さ28センチ




 

フロアライト
YU-BI 優美 S  山並み 50,000円+税
直径15センチ
高さ45センチ


奈良のホテル、「サンルート奈良」さんの
入口でお客様をお迎えしています。






吉野草木染和紙ライトM
「なないろ」12,000円+税
直径10センチ
高さ28.5センチ




ひのきライトS「光線」12,000円+税
直径9センチ
高さ23センチ



 

アロマライト「森⇔水」10,000円+税
直径8センチ
高さ17センチ

 
とても人気のあるアロマライトです。
香りと優しい灯に
包まれてリラックスタイム。

お好きなエッセンシャルオイルを
お湯または水を張ったお皿に
数滴落としてお楽しみください。

 



 

 

ひのきライト「シュワシュワ」14,000円+税
直径10センチ
高さ29センチ

 
店主手持ちの愛用品。
電球が眩しい時は、ワット数を下げれば
ほのかなあかりになります。



 


 

Orion 28,000円+税
直径17.5センチ
高さ22センチ

 
ギャラリーの入口で皆さんを
お迎えしています。

 

 



 

 

 

Shizuku ブラケット 20,000円+税
19センチ x 27センチ

 
吉野のアトリエを初めてお訪ねした時
一目ぼれしたライト。
| gallerykai | あかりと絵のある風景 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
「あかりと絵のある風景」展 その2

 




 

 

昨日より「あかりと絵のある風景」展の作品を
ご紹介しています。

 
今日は松阪在住の画家、富山宣子さんの絵画です。
 
富山さんは、東京で展示されるのは初めて、そして
ギャラリーKAIも絵画を展示する最初の一歩となった
初めて尽くしの展示会となりました。

 
富山さんの日常は、アトリエで
毎日、毎日、ひたすら描き続けること。

 
重ねられた色彩

細かく刻まれた線

色と線の境界

 
一筆一筆に富山さんの気持ちの揺らぎが
刻まれています。

 
そこには感情の激しさを超えて
それを静かに見つめているもう一人の
自分がいるような気がします。

 
こちらに迫ってくるのではなく
静かに寄り添ってくるような絵画。

 
ポストカードより一回り、二回り
大きいくらいの小品が中心ですので
飾りやすいと思います。

 
ギャラリーにもどうぞ友人の家に遊びに
来たような雰囲気でゆっくりご覧いただけましたら
幸いです。






「刻」 oil on board  15.7cm x 23cm





「刻」 oil on board  15.7cm x 23cm






「韻」oil on board  15.7cm x 23cm






「韻」oil on board  14cm x 18cm






「秘」oil on board  14cm x 18cm






「まどろみの午後」oil on board  28cm x 33cm




 
紙に描かれた絵も沢山ファイルに入っています。
お好きな絵をどうぞ額に入れて。




















 

 







アトリエにて 
富山宣子さん

 

| gallerykai | あかりと絵のある風景 | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
あかりと絵のある風景 その1


 

9月29日より「あかりと絵のある風景」展
始まりました。

 
初日は、あかり作家、坂本尚世さんが在朗、
キャンドルホルダーのワークショップを行いました。

 
台風接近の悪天候にもかかわらず
多くの方にお越し戴き、賑やかな一日となりました。

 
今日からあかりと絵の作品をご紹介してゆきます。
 
ご注文やお問合せはどうぞお気軽にお寄せください。

まず、坂本さんのあかりの新作、コードレスの
ランプから。

 
坂本さんは吉野檜を薄くスライスしたものを
手すき和紙に貼り付けるという独自の
技法であかりを作っています。

 
吉野は500年以上前から続く林業の地域で
高品質な檜を産出してきました。

 
坂本さんのご実家も檜の製材所を営まれ
いつも身近に木があった暮らしの中から
作品が生まれています。

 
そして最大のポイントはライトセラピーに
基づいて作られていること。

 
人がリラックスできる光は「少し暗めで
不均質、炎や夕陽のようなオレンジ色」
(坂本さんの文章から抜粋)

と言われています。

 
今、ギャラリーは夕陽色の光に包まれて
癒しの空間となっています。

 
ぜひ、そのあかりを体感しにいらしてください。


 
今回の新製品、コードレスのランプ。
電池式のLEDを用いています。
どこでもいつでも持ち運び自由。

とかく冷たいと思われがちなLEDランプに
工夫を重ね、淡く優しい光を実現しました。
    


手前から 水、結晶、山並み(円筒ミニ)



水(円筒ロング)




手前から 結晶、山並み (山)




山並みは、檜ではなく和紙を重ねて作っています。
吉野の山並みがモチーフになっています。



水(山)



スイッチも目立たないように工夫しました。




裏側です。電池交換も簡単。


日中は淡いあかりが暗くなってくると夕陽色になります。











 

「円筒ミニ」  本体サイズ直径95mm x 高さ103mm
    価格:12,960円
「円筒ロング」 本体サイズ直径95mm x 高さ225mm
    価格:17,280円
「山」     本体サイズ直径165mm x 高さ130mm
    価格:21,600円    

 

初日のワークショップ風景。
 

 

キャンドルホルダーを作りました。
それぞれの個性溢れる素敵な作品に皆さん
大満足!?
ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

 








 

坂本尚世さん

明日は、富山宣子さんの絵画をご紹介します。

 
「あかりと絵のある風景」
 
吉野檜のあかり 坂本尚世
絵画  富山宜子

 
2018年9月29日(土)から10月7日(日)までの毎日と
10月の毎週金、土、開廊


 
| gallerykai | あかりと絵のある風景 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
あかりと絵のある風景 明日から

 


 

 

 

「あかりと絵のある風景」
 今日は三重県松阪市にアトリエを
 構え、作品を描いている画家、富山宣子さんを
 ご紹介します。

 


「旅行も行かないし、遊びにも行かないし、
毎日、絵を描くだけなんです。」

 

はにかみながら、そう言っていた富山さんの
アトリエは、無造作に並べられた沢山の
作品と一緒に、散歩の途中で拾ってきたものが
飾られています。

 

曲がりくねった鉄線や板、トタン、古びた瓶。。。

 

長い間、雨風に打たれたものは、やがて錆びつき、
朽ちていく。

 

なんて美しいのだろう。

 


 

 

時の営みが作る美に魅入られながら
キャンバスに向かう日々。

 

描くことが生きること。
絵を観ている私たちは、富山さんが
塗り重ねていく一刻一刻に自分の時間を
重ねているのかもしれません。

 

ギャラリーKAIで初めての展示は、
小品を中心にご紹介します。

 

ぜひ、この機会にゆっくりと
ご覧戴けましたら嬉しいです。

 


富山宣子プロフィール

 

1943年三重県松阪市に生まれる。
津市の私立中学にて美術教諭と出会い、
絵画活動を始める。
80年代半ばより名古屋、四日市、津、松阪などで
個展を開催。60歳で最後の個展とするが
それ以降も絵を描き続ける日々。
2008年9月、ギャラリーfeel art zeroにて
「色彩の絵画」、2010年10月「色彩と描線」、
2013年4月「70 paintings」2016年2月
「春色」開催。反響を呼ぶ。

 


「あかりと絵のある風景」
吉野檜のあかり 坂本尚世
絵画 富山宜子
2018年9月29日(土)から10月7日(日)までの毎日と
10月の毎週金、土、開廊
| gallerykai | 富山宣子 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
「あかりと絵のある風景」始まります





今週の土曜日から始まる「あかりと絵のある風景」展、
今日は、奈良・吉野で檜のあかりを
制作している坂本尚世さんをご紹介します。
坂本さんは、「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2017」の
奈良県代表に選ばれました。

 
このプロジェクトは、トヨタ自動車と高級車のブランドである
「レクサス」の全国販売店が、地域の特性を生かし、
新しいものづくりをするアーチストたちを支援するもので
 
スーパーバイザーは小山薫堂氏、サポーターには建築家の
隈研吾氏他などが参加しています。
 
坂本さんは、このプロジェクトで、かねてから
作りたいと心にあたためていたコードレスの卓上のあかりを
制作しました。

 
いつでもどこでも持ち歩けますので
用途は広がります。

 
ベランダやテラスなどの屋外や
夜中の足もとを照らす常夜灯はもちろんのこと

 
旅先や出張先にも鞄に入れて持っていく方も
いらっしゃるとか。

 
なかなか寝付けないという時も
ライトセラピーに基づいた、
夕陽色の優しいあかりは穏やかな睡眠に
誘ってくれます。

 
精神安定剤のようなものなのかもしれませんね。
坂本さんが生まれ育った吉野の山並みをモチーフにした
このあかり、どうぞお楽しみになさってくださいね!

 
*********************************************
*ライトセラピーについて
 
以下、坂本さんの言葉を抜粋します。
 
「私のあかりづくりは、「ライトセラピー」
という言葉との出会いが始まりでした。

 
ライトセラピーとは、心を癒す明かり
(あかりでやすらぎの時間を過ごす)という意味。

 
心を癒すのは、夕日が沈む頃のような
「オレンジ色、暗め、低い位置からの光」です。

 
人間の身体には本来、太陽の動きに深く関係した
「生体リズム」があり、明るくなると活動的に、
暗くなると静的になります。」。。。
**********************************************
煌々と照らす蛍光灯の光が溢れる現代、
ぜひ、心休まる時間をお手元に。

★9/29(土)坂本尚世さんによるキャンドルホルダー
 作りのワークショップを行います。


 
 13時〜17時まで随時
 所要時間 30分〜40分
 参加費 2000円
 参加ご希望の方はメールでご返信ください。
 ご希望のお時間で予約を承ります。

「あかりと絵のある風景」
 
吉野檜のあかり 坂本尚世
絵画  富山宜子

 
2018年9月29日(土)から10月7日(日)までの毎日と
10月の毎週金、土、開廊
| gallerykai | - | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
9月のギャラリーのお知らせです
★水引教室&体験会のお知らせ
 
早いもので今年も既に残り4ヶ月を切りましたね。
 
クリスマスやお正月に向かうこのシーズンは
水引が、最も華やぐ時期といっても
過言ではありません。

 
今回のシリーズでは、基本の「あわび結び」を
進化させた色々な結びを楽しみながら、お正月を
迎える準備をしてまいります。

 
9月〜11月までの毎月1回の開講。
 
9月は桃の花を作り、箸置きにします。
作る過程で「松」も作れますので
覚えておくとお正月に使えますね!

 
★日時:9月15日(土)
「箸置きを作る」
 
「あわび結び」をアレンジした「あわび返し」で
 桃の花を作り箸置きにします。桜の花への展開も。
 
★時間:10時から12時半 又は14時半から17時からお選び下さい。
★料金:各4500円。(材料費込み)
    当日、現金でお支払いください。
    
    ご自宅でもお作り戴けるように選りすぐりの材料をたっぷりと
    ご用意しています。

 
お申込みは、こちらのメールへご返信ください。
 
★10月以降の講座内容はこちらから。画像付きでご案内しています。
 
★体験会のお知らせ
 
9月22日(土)13時から14時
参加費 500円

 
基本のあわび結びで「銭亀」を作ります。

お財布に入れておくとお金が貯まるといわれ
プレゼントにも喜ばれます。

 
ぜひ、この機会に水引の魅力に触れてみて
くださいね。

 
お申込みは、こちらのメールへご返信ください。

講師:三俣京子
   
昭和44年10月21日 東京都生まれ
東京造形大学 デザイン科卒業
イラストレーター。
故 平沢直子氏のもと水引を習い、
東京・一枝軒にて水引包装をしている。
イラストレーターである感性を生かし
水引を使った舞台衣装なども手掛けている。
個展、クループ展、企画展などに多数出展 ──
- 2014年/長野東急
  個展「和のスタイル手仕事の世界」出展
 (イラストと水引の個展、販売)

 
★三俣京子さんの作品集はこちらから
http://mizuhiki.quatre-vingts.net/catalog2018ss.pdf

 
★9月の企画展
 
「あかりと絵のある風景」
 
吉野檜のあかり 坂本尚世
絵画  富山宜子

 
2018年9月29日(土)から10月7日(日)までの毎日と
10月の毎週金、土、開廊

 
★9/29(土)坂本尚世さんによるキャンドルホルダー
 作りのワークショップを行います。
 
 13時〜17時まで随時
 所要時間 30分〜40分
 参加費 2000円
 参加ご希望の方はメールでご返信ください。
 ご希望のお時間で予約を承ります。
| gallerykai | 水引教室 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
女子高生と水引教室




 

先週末、ギャラリーに珍しいお客様が来て下さいました。

3人の女子高生と引率の先生です。

 
華道部の活動をしている彼女たちは、毎年文化祭で
趣向を凝らした演出で作品を発表しているそうで

 
これまでもガラス作家や陶芸家のアトリエを
訪ねて自分たちで作った花器にお花を活けたり
ちょうど文化祭が9月の初旬なので浴衣を着て
ご接待したり。

 
毎年、夏は楽しくも悩ましい季節なのですね〜。
 
で、今年はテーマが「水引」だ!ということで
週末の特別女子高生水引教室と相成りました。

 
普段の生活に「女子高生」という文字が無い私は
ドキドキワクワクお待ちしていまして。

 
いざ、始まるとそのとても真剣な眼差したちに
なんだかじーんと心打たれたのでした。

 
素晴らしい集中力!
 
私もかつてはこういう時代があったのに・・・。
 
お弁当持参で午前10時から午後4時まで
どっぷりと水引に浸かって戴きました。




 
お箸袋
あわび結び
梅結び
玉結び

 
そして、水引でどんな表現が出来るか三俣さんが
実例を交えながら奮闘すること5時間。






 
さあ、どんな文化祭となりますでしょうか。
 
今からとても楽しみです。
 
そして、文化祭が終わっても水引に
興味を持ち続けてもらえたら嬉しいなあと思います。

 

 

 

 




 

 

 

 

 

| gallerykai | 水引教室 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com
猛暑か蚊か・・・



 
暑中お伺い申し上げます。
 
日本列島、猛暑にあえぐ日々ですが
皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。

 
ここ、東京も連日35度超えの毎日で外に出るや
息をするのも苦しいくらいでしたが、昨日あたりから
やっと一息つけるくらいに落ち着いてきました。

 
異常気象におののく日々ですが、不思議なことに
今年は蚊の出現が少ないような気が。

 
通常、今の季節の我が家はパティオといい、外の通路といい
一度外に出るや蚊の餌食になりますから、片手にキンカン、
片手に虫よけが欠かせません。

 
ところが今年はまだあまり蚊を見かけないのです。
 
何か怪しいものでもどこかから流れてきているのかしらんと
首を傾げていたところ、

相方曰く、

 
「蚊も暑すぎて行動できないんだよ」
 
だそうです。
 
ということは、さすがの蚊も日中は木の葉の裏側あたりで
じぃーっと息を凝らして待機状態。

 
で、つまり・・・今日あたりから・・・
出てきますねえ。。

 
もう、蚊取り線香が手放せません。
 
パティオに出る時は事前に焚いて
予防!

 
暑いのと蚊とどちらを取ると言われれば・・・
うーん!!

 
ひたすら蚊取り線香を焚くしかありませんね。
 
まだまだこれから暑さは続きますが
どうぞくれぐれもご自愛ください。

 
こちらは、よく行く神保町の本屋さんで
戴いたタブレット。

本を購入した方には配っているそうです。
(しおりは、新潮文庫のキャンペーンでプレゼント!)

 
こんな些細なことが嬉しい夏の一日。
 

 
| gallerykai | - | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
galleryKAI.com